泉区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

区役所×タウンニュース 魅力発信に連携企画始動へ

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
額田区長(右から4人目)と担当職員ら
額田区長(右から4人目)と担当職員ら

 泉区シティセールスプロモーションの一環として、このほど新たに泉区役所とタウンニュース泉区編集室による連携企画がスタートする。農業や伝統文化、レジャー、子育てなど、あらゆるジャンルの区の魅力を本紙記者が定期的に取材。タウンニュース紙面と双方のウェブで発信していく。

 泉区では現在、多くの人に区のことを知ってもらい、交流人口の増加や区民の誇り・愛着の向上を図ることで友人・知人等への推奨を促し、定住転入の促進につなげる取り組みを行っている。

 背景にあるのは、人口減少時代における担い手不足の問題がある。これまで地域の人々によって築かれてきた様々なシーンでのコミュニティは泉区の宝。しかし、これを将来に渡って維持していくには、現居住者に地域との関わりを一層深めてもらうことに加え、新たな転入者を増やすことが欠かせない。

 こうした中、区は「住むなら泉区」を合言葉に、多様な交通アクセスや豊かな自然、充実した子育て環境などを紹介する特設サイトや、冊子、ツイッターやインスタグラムといったSNSなどを使って区内外への情報発信を強めていた。そして「次の一手」が区内の細かな情報を扱うタウンニュースとの連携だった。

 区役所担当者によれば「タウンニュースは区民に定着した紙面であり、固定読者層への訴求が可能。また、地域に根差した超密着の視点が若者から高齢者まで幅広く共感を得やすいのではと期待した」と話す。

 今後は、本紙記者が農業や自然、伝統文化、レジャーなど、区の魅力を徹底的に掘り起こし。読者目線で親しみやすく紹介した記事をタウンニュース紙面に加え、双方のウェブで定期的に配信していく予定。

 額田樹子区長は「今年11月には相鉄・JRの相互直通運転、さらに、2022年度には相鉄と東急の相互直通運転も予定されている。これは泉区の更なる活性化に向けた大きなチャンスでもある。これを契機に、発信力の高いタウンニュースとの連携を通して、泉区の良さを広くPRしていければ」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

広がる「背守り」の輪

泉区地域子育て支援拠点すきっぷ

広がる「背守り」の輪 社会

子どもの健やかな成長願う

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

黄色旗で安否を発信

和泉中央南ハイツ自治会

黄色旗で安否を発信 社会

有事の支え合い強化にひと工夫

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

5月30日号

活動10年、仕組み検証へ

泉区地域協議会

活動10年、仕組み検証へ 社会

区長「一層の自治推進を」

5月30日号

緑化推進で国交大臣表彰

和泉川中央水辺愛護会

緑化推進で国交大臣表彰 社会

参加率、継続性が評価

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク