泉区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

下和泉地区センター 交流食堂、順調な船出 月一で多世代が会食の場

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
有山朋子館長(左)と小山正子さん
有山朋子館長(左)と小山正子さん

 下和泉地区センター(有山朋子館長)がこの4月から「青空まんぷく食堂」と題した地域交流イベントを開いている。多世代が集い、温かい食事を皆で囲むことで心のふれあいを促進することが狙い。

 有山館長は日々来館者と関わる中で、地域の高齢者の外出機会の創出と、子どもたちに昔ながらの家庭的な食事の楽しさを伝える方法を模索していた。そこで子どもから高齢者までが集い、温かい食事をみんなで囲める地域食堂の運営を思いついた。実施に向け、同館で20年以上料理教室の講師として活動していた小山正子さんに相談。小山さんはその趣旨に賛同し、食堂のメニューの考案や調理などを中心となって行うことを快諾した。食堂のコンセプトは子どもが好きな栄養価満点のメニューを提供すること。また、家でも再現しやすいように、バラエティに富んだ食材の利用や、昔ながらの家庭的な味付け、調理が簡単なことを心がけている。

 現在、運営に携わるボランティアは約30人。その多くが小山さんの料理教室の教え子たちだ。「『今までは自分自身が楽しんでいたけれど、食堂では自分たちが作ったものを喜んでもらえる楽しみが出来て張り合いがでる』という声も多い」と小山さん。更に、地域からも運営に関わりたいという声も多く上がっており、人手にも恵まれているという。

継続を大切に

 4月に開かれた1回目は19人、5月5日に開かれた2回目には29人と、利用者が伸び、子ども達だけでの利用も増えた。毎回食事後にはレクリエーションを企画し、食事だけではなく会話も楽しめるような空間づくりを進めている。

 現在は食材の準備等の関係で先着30人の予約制だが、今後は申込状況に応じて定員の数も調整していく予定。有山館長は「始めたからには続けていくこと、また、お住まいの地区に関係なく広く利用してもらうことが大切だと考えています」と話した。

 問い合わせは同館【電話】045・805・0026。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

広がる「背守り」の輪

泉区地域子育て支援拠点すきっぷ

広がる「背守り」の輪 社会

子どもの健やかな成長願う

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

黄色旗で安否を発信

和泉中央南ハイツ自治会

黄色旗で安否を発信 社会

有事の支え合い強化にひと工夫

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

5月30日号

活動10年、仕組み検証へ

泉区地域協議会

活動10年、仕組み検証へ 社会

区長「一層の自治推進を」

5月30日号

緑化推進で国交大臣表彰

和泉川中央水辺愛護会

緑化推進で国交大臣表彰 社会

参加率、継続性が評価

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク