泉区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

横浜市 新劇場整備へ検討委設置 多面舞台備え集客効果狙い

文化

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
市内の主な劇場『神奈川県立県民ホール』(舞台機構=オーケストラピット)※横浜市の資料より
市内の主な劇場『神奈川県立県民ホール』(舞台機構=オーケストラピット)※横浜市の資料より

 横浜市は新たな劇場整備に向け、6月中に有識者らで構成する検討委員会を設置する。横浜市会で4日、市が提出した「検討委設置の条例制定」の議案が賛成多数で可決された。市は本格的なオペラやバレエなどを上演できる多面舞台が備わり、2000人以上収容できる劇場の整備をめざす。

 新たな劇場整備は林文子市長の肝いりの施策。2017年夏の市長選後に考えを打ち出した。「横浜市中期4か年計画」では文化芸術振興策として、計画期間内に事業化の検討と事業を推進すると位置づけている。

 市は6月中に都市経営や文化芸術、まちづくりなどの専門分野の有識者12人以内で構成する検討委員会を設置したい考え。検討委は集客できるコンテンツや観光インバウンドへの貢献といった整備の意義やあり方のほか、民間活力の活用や運営ノウハウといった事業手法の提言を今年度内に取りまとめる。提言を受けて市は具体的な候補地などを検討するとしている。

 横浜市によると、市内には劇場やホールがあるものの、バレエやオペラなどの本格的な舞台芸術を上演できる多面舞台を備えた劇場がないという。

 市の中間報告では海外などの事例を挙げ、劇場はまちのシンボルとして賑わいの中心となり、一定の集客が見込まれることから、観光施策との連携で誘客効果が高まると、整備の効果を示した。

「議論なく拙速」反発も

 4日の市会では自民、立国、公明の3会派と無所属の2議員が議案に賛成。共産党会派と無所属の3議員は「文化・芸術団体への支援を強化しながら文化醸成を図るべきで、整備を急ぐ理由はない」「市民との議論もなく、整備ありきの委員会設置は認められない」などを理由に反対した。

泉区版のトップニュース最新6

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

学習支援の動き進む

区内ケアプラザ

学習支援の動き進む 教育

いずみ中央は自習室開放

7月15日号

電話録音機を寄贈

遊技場協同組合泉支部

電話録音機を寄贈 社会

泉警察署へ200台

7月15日号

ゆめが丘にキャンプ場

ゆめが丘にキャンプ場 社会

「泉区の豊かな自然感じて」

7月8日号

熱中症に警戒を

泉消防署

熱中症に警戒を 社会

屋外等「適宜マスク外して」

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter