泉区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

相澤さんが終身審判員に 横浜市の女性で初

スポーツ

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
日本リーグでの場内アナウンス経験もあるという相澤さん(左)と牧内さん
日本リーグでの場内アナウンス経験もあるという相澤さん(左)と牧内さん

 区内在住の相澤幸子(ゆきこ)さんが公認審判員としてソフトボール競技の普及に尽力したとして、このほど(公財)日本ソフトボール協会から「終身審判員」の称号が与えられた。横浜市の女性としては初めて。

 同協会が定める「公認審判員」の資格には、第1種・2種・3種がある。取得種別により担当できる大会が異なり、1種審判員になると、全国大会を担当することができる。

 相澤さんはプレーヤーとしても活躍する一方、ある時、試合で出会った審判の進行・体力・判断力など、そのすべてに感銘を受け、憧れを抱いた。

1984年に3種を取得後、一歩ずつ段階を踏み96年に第1種審判員になった。1998年には、神奈川県で開かれた「かながわ・ゆめ国体」にも派遣されている。69歳となった現在も、ソフトボールへ注ぐエネルギーは衰えることなく、プレーヤーとしても審判員としても全力投球の日々だ。

 こうした30年以上に渡る審判員としての活動と功績が認められ、今回の認定となった。

 相澤さんは「常に正しいジャッジを心がけ、試合の度に一日を振り返ることの繰り返し。役員・協会・チーム、そして家族に支えられてやってこられたことに感謝しかない」と頭を下げる。泉区ソフトボール協会の理事長で、終身記録員でもある牧内伸二さんは「とても名誉なことで、心から祝福したい。引き続き、グラウンドで躍動してほしい」と、「終身」の称号授与を喜んだ。

泉区版のトップニュース最新6

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

多世代交流へ一歩一歩

里山夢プロジェクト

多世代交流へ一歩一歩 社会

活動3年、若者への発信強化

9月12日号

おでかけマップ作成中

下和泉地区

おでかけマップ作成中 社会

「外出のきっかけづくりに」

9月5日号

透析者ら集め懇談会

透析者ら集め懇談会 社会

西部地区会が初開催へ

9月5日号

市立中3生、英語で2位

全国学力テスト

市立中3生、英語で2位 教育

学習意欲の高さ要因か

8月29日号

円熟味増す技術で人気

円熟味増す技術で人気 社会

「ひだまり」が6期生募集へ

8月29日号

ロボコンチーム全国へ

中田中

ロボコンチーム全国へ 社会

8月25日兵庫県で開幕

8月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自由参加の音楽祭

旭区

自由参加の音楽祭

22日に瀬谷公会堂で

9月22日~9月22日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク