泉区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

IR誘致を正式表明 カジノに波紋広がる

政治

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
記者会見する林市長
記者会見する林市長

 林文子横浜市長は8月22日、カジノを含むIR(統合型リゾート)の誘致を正式に表明した。カジノ納付金などによる最大、年1200億円の財政貢献が主な理由。場所は中区の山下ふ頭(約47ヘクタール)とした。一方、横浜港運協会は「ばくち場にしない」と改めて山下ふ頭への誘致に反対した。

 IRとは、カジノや劇場、ホテル、国際会議場などが一体となった施設の総称。市はIR誘致に向けた本格的な検討・準備を行うために、9月2日開会の市会定例会に2億6千万円の補正予算案を提出する。

経済効果を期待

 林市長がIR誘致の最大の理由にあげたのが「経済効果」だ。市によると横浜市の人口は2019年をピークに減少に転じ、社会保障費の増加などにより厳しい財政状況が見込まれる。こうした中、子育て、医療、福祉、教育などの行政サービスを維持していくため、市は大きな経済効果が期待されているIRを有力な選択肢と判断した。

 IRの具体的な効果として市は観光の振興・地域経済の振興・財政改善への貢献の3つを掲げる。

 観光振興はIR区域内での消費額が最大7400億円、地域経済の振興では経済波及効果として最大1兆円規模に、そしてカジノ納付金や入場料収入、法人市民税などの市への増収効果が最大1200億円と試算する。

 また懸念の強いギャンブル依存症については昨年7月の基本法成立などを踏まえ「環境は整ってきた」と判断したという。今後は市民の理解が重要として全18区で市長が出席し、説明会を開く。広報よこはまなどで周知の後、今年度中に開催する。

港運協会「ばくち場にしない」

 17年の市長選挙でIR誘致を「白紙」として当選した林市長。8月22日の会見でその点について問われた林市長は「まだ決められないという意味での『白紙』だった」とし、誘致は否定していないと理解を求めた。

 横浜商工会議所の上野孝会頭は、市長の表明を受けIR誘致を歓迎するコメントを発表。「持続可能な横浜経済を構築するためにはIRの誘致が有効な方策」とし、推進協議会を設置し誘致実現に尽力するとしている。

 一方、山下ふ頭に拠点を置く事業者らからなる横浜港運協会は市長会見翌日に会見を開いた。藤木幸夫会長は国際展示場やF1レースなどを盛り込んだ独自の「ハーバーリゾート」構想案を示した上で、「山下ふ頭をばくち場にしない。横浜の将来のためにいいねと言われるような山下ふ頭の守り方をしたい」と改めて反対の姿勢を強調した。

 中区在住の女性は、IRについて「何とも言えない。市のためになるのか、ちゃんと見極めたい」と話していた。

 山下ふ頭の入口に位置する連合町内会の役員は、市のIR誘致について「普段から行政の施策に協力しているのに、もう少し説明があってもよいのでは」と語った。
 

泉区版のローカルニュース最新6

「子どもを事故から守ろう」

しらゆり公園周辺

「子どもを事故から守ろう」 社会

事業者団体がカラー表示

1月23日号

ラポール上大岡が開所

ラポール上大岡が開所 スポーツ

障害者スポーツの拠点に

1月23日号

サイフロ6倍、南5倍

サイフロ6倍、南5倍 スポーツ

市立高附中の志願状況

1月23日号

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月23日号

力士と餅つき大会

泉 区

力士と餅つき大会 社会

下和泉地区センター

1月23日号

相撲甚句を披露

瀬谷区

相撲甚句を披露 社会

普及団体が29日に

1月23日号

デコカップ寿司づくり

旭区

デコカップ寿司づくり 文化

二俣川ライフで2月22日

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク