泉区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

下和泉連合自治会 3年無火災を達成 市消防局長から感謝状

社会

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
下和泉連合自治会の久野会長(右)と森田泉消防署長
下和泉連合自治会の久野会長(右)と森田泉消防署長

 下和泉連合自治会(久野毅会長・2092世帯)がこのほど、2019年8月22日をもって3年間連続無火災の記録を達成したとして横浜市消防局の高坂哲也局長から感謝状を贈られた。

 2018年の市内の火災件数は702件(前年比152件減)。泉区内では23件で、18地区中4番目に少なかった。

 市全体での出火原因の上位は、「放火(疑いを含む)」「たばこ」「こんろ」で、1985年から34年間連続して1位は「放火(疑いを含む)」となっている。最近では、自動車やバイクの車両カバーに火をつけられたり、敷地内に入り、家の周囲の燃えやすい物に火をつけられるもの、放置自転車に火をつけられる事例が多いという。

 下和泉連合自治会ではこうした状況を踏まえ、火災の一番の原因である放火を防ぐために、家の周りに燃えやすいものを置かないなど「放火されない・させない」環境づくりに地域全体で取り組んできた。また、街を守るために、スタンドパイプ3基、初期消火箱を22か所に設置。「ついうっかり」を無くすことを意識しながら、いざという時に備え、日ごろから地域をあげて訓練を積極的に行ってきた。

 9月22日には下和泉連合町内会定例会議の場に森田清泉消防署長が駆け付け、高坂局長からの感謝状を代読した。久野会長は「長い間無火災を続けるのは難しいことでしたが、地域一丸となって取り組んできた結果だと思います」と喜びを語る。

 泉区内では2012年に、上飯田団地連合自治会が4年間連続無火災の市長表彰を受けている。久野会長は「今後も地域の一人ひとりが意識を高め、火気に対する正しい取り扱いを身に付けて無火災日を更新していけたら」と続けた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

地域交流活動が人気

西が岡小

地域交流活動が人気 社会

多彩な講座が評判呼ぶ

11月21日号

「緑吹サウンド」全国へ

「緑吹サウンド」全国へ 社会

発表通し技術磨く

11月21日号

広報誌発行25年目へ

元気かい泉

広報誌発行25年目へ 社会

中途障害者の日常を発信

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立 小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

最高時速が50Kmへ

長後街道

最高時速が50Kmへ 社会

11月22日から引き上げ

11月7日号

高齢者外出支援でタッグ

高齢者外出支援でタッグ 教育

和泉小児童と地域の大人

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク