泉区版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

東坊城さん、女子プロ野球へ 入団テストで合格つかむ

スポーツ

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
入団テストに合格した東坊城夢来さん
入団テストに合格した東坊城夢来さん

 日本女子プロ野球リーグの2019年度入団テスト合格内定者が10月10日に発表され、中田小、中田中出身の東坊城夢来さん(岐阜第一高等学校3年・投手)が合格を果たした。

 東坊城さんはきょうだいの影響で小学2年生の時に区内の軟式野球チーム・池谷ブルーファイターズで野球を始めた。中学生になると、硬式野球のクラブチームであるオール京急に所属し、国際大会にも出場。高校は女子硬式野球部のある岐阜第一高等学校に進学していた。

 入団テストは、第一次となるビデオ選考からスタート。その後、基礎力測定・実践テスト・面接・メディカルチェックの二次選考へと進み、最終合格者が決まる。今年度は第一次選考の28人から8人が合格をつかんだ。

 合格者の発表後、家族のもとにはすぐに連絡があったという。母親の優美さんは「本人の希望だったので、とても喜んでいました。でも、同時にこれからが大変だという思いも強いようで、気を引き締めてもいました」と振り返る。

 高校でも多彩な変化球を持つ技巧派左腕として活躍した東坊城さん。高い制球力で実践向きと評されるが、本人は「どんな場面でも笑顔でプレーできるマウンド度胸とリズムある投球が持ち味」と自己分析。一年目は育成球団のレイアでプレー。持ち球の精度にさらに磨きをかけられるかが勝負どころ。優美さんは「野球への情熱は人一倍で努力を惜しまない。怪我なく頑張って」とエールを送る。東坊城さんは「女子プロ野球の発展に向けて、少しでも盛り上げていけるような選手になりたい」と話している。

合格を喜ぶ母・優美さん
合格を喜ぶ母・優美さん

泉区版のトップニュース最新6

SDGs広め全国表彰

中和田中PTA

SDGs広め全国表彰 社会

途上国支援の取り組みが評価

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「先生いらっしゃいませ」

「先生いらっしゃいませ」 社会

支援級生徒が仕事体験

11月28日号

岡津地域にケアプラザ

岡津地域にケアプラザ 社会

12月1日オープン

11月28日号

地域交流活動が人気

西が岡小

地域交流活動が人気 社会

多彩な講座が評判呼ぶ

11月21日号

「緑吹サウンド」全国へ

「緑吹サウンド」全国へ 社会

発表通し技術磨く

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク