泉区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

ヒューマンビートボックス 10周年の節目大会 12月28日 川崎市で全国大会

文化

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena
技術をぶつけ合う
技術をぶつけ合う

 声や息など口の動きだけで、打楽器やベース音など様々な音を模倣し音楽を奏でるヒューマンビートボックス。この全国大会「JAPAN BEATBOX CHAMPIONSHIP(ジャパンビートボックスチャンピオンシップ)」が12月28

日(土)、クラブチッタ(川崎区小川町5の7)で行われる。時間は午後2時から9時30分。

 10回目の節目となる今大会。約250人が臨む各地の予選を勝ち抜いた16人が、日本一を狙う。競技では60秒の制限時間内にパフォーマンスし、技術や独創性などを競う。優勝者は世界大会への切符を獲得する。

 当日はソロ部門のほか、2on2で対戦するタッグ部門、中学生以下が対象のキッズ部門の決勝が行われる。入場料は前売り4000円、当日5000円。前売り券は12月25日(水)までにホームページ(【URL】https://japanbeatbox.theshop.jp)から購入を。

動画サイトで認知が加速

 ヒューマンビートボックスの演奏者は全国で2万人といわれ、YouTubeなどの動画共有サイトの普及を背景に広がりを見せている。同大会を主催する日本ヒューマンビートボックス協会代表理事のTATSUYAさんは「自分らしさを表現する手段として若者に受け入れられている文化。その魅力がさらに広がれば」と話す。

泉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク