泉区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

ふしぎ駄菓子屋銭天堂 テレビアニメが開始 横浜市出身 廣嶋さん原作

文化

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
著者の廣嶋さん
著者の廣嶋さん

 幸運な人だけがたどりつける、ふしぎな駄菓子屋「銭天堂」。店主の紅子が売る駄菓子はどれもその人の悩みにぴったりのものだが、食べ方や使い方を間違えると…。横浜市出身の廣嶋玲子さん著書でシリーズ累計140万部発行の人気児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』のテレビアニメ化が決定し、9月8日からNHK・Eテレで放送がスタートした。放送は毎週火曜午後6時45分から54分まで。銭天堂は「小学生が選ぶ!”こどもの本”総選挙」で4位入選。9月3日には最新14巻が発売された。そんな廣嶋さんに、アニメ版の魅力や作家になったきっかけなどの話を聞いた。

不思議で楽しい物語を

 ▽小学生に人気の児童書『ふしぎ駄菓屋 銭天堂』が、自身の作品で初めてテレビアニメ化された。「主人公が動く姿に感動しました。オープニングとエンディングの曲もすごくかわいいんです」と声を弾ませる。「約10分間の短い放送時間の中に物語の世界観がギュッと凝縮されている。本で読むのとはまた一味違う楽しさなので、ぜひ見てもらえたら」

 ▽磯子区出身。大学卒業後、編集者を目指して出版社を受けるも採用ならず。そこで、高校生から始めていた童話や小説のコンテストに本腰を入れ始めた。「最初は賞金目当て。でも落選ばかりで」。悔しくて何度も応募するうちに、書く楽しさに目覚めたという。

 ▽その後24歳でジュニア冒険小説大賞を受賞し、翌年念願の作家デビュー。しかしすぐに仕事をもらえるような甘い世界ではなく、出版社に作品を持ち込む下積み時代が続いた。今ではいくつものシリーズ作品を同時執筆する多忙な毎日だが「子どもの頃から宿題は出たらすぐに終わらせるタイプ」。仕事の早さは編集者が驚くほどだとか。無類の猫好きで「物語にもつい沢山登場させてしまいますね」とにっこり。趣味は昼寝と読書とオペラ鑑賞。読者から届くファンレターも活動の原動力になっている。

 ▽「書きたいのはファンタジー。自分が子どもの頃に読みたかったもの、読んで面白いものを目指しています」。作者であり読者でもあるような、何より自分が楽しんで書いている様子が伝わってくる。読者と同じ小学生時代は学校が苦手で、授業中に空想にふけったり保健室に駆け込むことも。本の世界が心の拠り所になった。「子どもたちが自分が書いた物語を読んで、ひと時でも楽しい気持ちになってもらえたら嬉しいです」

アニメ『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』のビジュアル
アニメ『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』のビジュアル

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

相鉄グッズをミニ展示

泉公会堂

相鉄グッズをミニ展示 文化

10月22日号

「ガンダム」巡るラリー

「ガンダム」巡るラリー 社会

臨海部でスタンプ集め

10月22日号

家族の愛情 子どもに

家族の愛情 子どもに 社会

横浜市 里親を募集

10月22日号

「時の移ろい街中」絵画展

「時の移ろい街中」絵画展 文化

11月1日〜珈琲園(弥生台)

10月22日号

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月22日号

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク