泉区版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

横浜泉リトルシニア 初のプロ野球選手誕生へ 35期生・中川颯(はやて)投手

スポーツ

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
ピッチングフォームを見せる中川投手(本人提供)
ピッチングフォームを見せる中川投手(本人提供)

 10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、横浜泉リトルシニア出身の中川颯投手(立教大学4年)がオリックス・バファローズから4位指名を受けた。入団が決まれば同チームから初のプロ野球選手誕生となる。

アンダースローの使い手

 中川投手は、地面から近い位置でボールをリリースするアンダースローの使い手。得意球種のスライダーは曲がりながら斜め上方向に浮き、バッターを惑わせる。

 戸塚区出身。小雀少年野球部、横浜泉リトルシニアで野球を学んだ。下投げに転向したのもこのころからだった。「小4のときにサイドスローを試したら、思いの外うまくいった。中学から本格的にアンダーにしました」とその経緯を語る。

 桐光学園では1年生からベンチ入り。卒業後は東京六大学野球のひとつ、立教大学に進学した。大学ではライバル校からの厳しい研究に苦しめられることも多かったが、1年時から登板。1年春には全日本大学選手権優勝を果たした。

 コロナ禍で寮が閉鎖されて実家に帰った際には、親の仕事場に作った手作りマウンドがスポーツ紙に取り上げられ話題に。坂の多い戸塚の地形を生かしたランニングメニューも欠かさなかったという。

 念願のプロ入りに「指名を受けてほっとした。『継続をして練習に取り組めば夢がかなう』と子どもたちの励みになれるような選手を目指す」と意気込む。

恩師も喜びの声

 中学時代に中川投手を指導した横浜泉リトルシニアの神崎博監督は「とにかく泉シニアからプロ選手が生まれることになりうれしい」と興奮を隠さない。小学生時代にプレーする姿をみて「将来絶対に伸びる」と確信。自らスカウトに赴いた。

 体格が小さかったため、身体を壊さないようなトレーニングをさせていた。その甲斐あってか中学の3年間で身長が30cmアップ。投手として花開く基礎を作った。「地道にコツコツ努力するまじめな性格で、当時から『プロに絶対行く』と志は高かった。これからも周りへの感謝を忘れず、一歩一歩を大切に歩んでいってほしい」とエールを送った。

泉区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

年間ゼロを達成

2020年泉区交通事故死

年間ゼロを達成 社会

事故件数も過去最少

1月14日号

「今年も『住むなら泉区』」

「今年も『住むなら泉区』」 社会

深川区長インタビュー

1月7日号

区内1,468人が門出

成人式

区内1,468人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

今年は創立100周年

岡津小

今年は創立100周年 教育

記念品にかるた作成へ

1月1日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク