泉区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

オンラインで社会科見学 中田南の(株)四元工美(よつもとこうび)

教育

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
画面越しに手を振り合う伊勢山小の児童と社員たち
画面越しに手を振り合う伊勢山小の児童と社員たち

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、従来対面だった行事などをリモートに置き換えて実施する取り組みが泉区内でも広まっている。泉区内と二俣川に拠点がある(株)四元工美では、毎年地元の伊勢山小学校を招いて実施していた社会科見学を、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って実現させた。

一度は断念も社員の声で実現

 オフィス家具の設計・販売などを行う同社では、毎年伊勢山小の3年生からの社会科見学を受け入れていた。

 今年も学校側から見学依頼があったものの、コロナ下の現状では対応できないとして一度は断っていた。

 しかし社員たちから「何とかできる方法はないか」との声が上がり、実現に向け検討。同社では早くから顧客との打ち合わせや、各拠点を結んでの朝礼などでZoomを取り入れていたことから、オンライン形式での見学であれば実施可能と学校側に逆提案した。教諭の理解もあり、初のZoom社会科見学が実現した。

端末約15台でやり取り

 具体的には中田南の本社工場と、デザイン設計室などがある二俣川オフィス、そして学校の3カ所を接続。同社の広報担当者がテレビ番組さながらの台本を作成。学校では全景や質問用にタブレット、職場内では部署ごとにスマートフォンやパソコンなど、合計15台近くの端末を一度につなぎ、場面に応じて映像を切り替え。発言中の人物映像がクローズアップされるZoomの仕様を踏まえ、音声配信のオンオフを細かく決めて、関係ない映像が映ってしまうのを極力避ける工夫などがされた。

 11月10日に行われた本番。同社の広報担当者がリポーターとなり、本社入口から中継はスタート。泉区内の店舗でも同社の製品が使われていることなどを説明したのち、画面は二俣川のオフィスに切り替え。デザイン設計の様子が実演されたのち、中継は再び本社へ。工場内で大きな円盤型ノコギリによって厚さ4mmの木板が真っ二つに割れると、画面越しに見ている児童からは「おーっ」という驚きの声があがった。

 同社からのサプライズとして画面の向こうで加工されていたはずの星型にカットされた木材がテレビ画面の後ろから出てくると、児童たちは喜んだ様子を見せた。

 最後には社員らが分割画面で登場し、児童からの「木の値段はいくらですか?」などの質問に直接答えた。

 四元工美の四元良一代表取締役は「児童も移動せずに2つの拠点をお見せすることができた。仕事も今はリモートの時代。プレゼンなどをZoomでやってきた結果を今回に活かすことができた」と振り返った。

泉区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

年間ゼロを達成

2020年泉区交通事故死

年間ゼロを達成 社会

事故件数も過去最少

1月14日号

「今年も『住むなら泉区』」

「今年も『住むなら泉区』」 社会

深川区長インタビュー

1月7日号

区内1,468人が門出

成人式

区内1,468人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

今年は創立100周年

岡津小

今年は創立100周年 教育

記念品にかるた作成へ

1月1日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク