泉区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

緑園都市住民組織 "米国流"で高評価 住まいのまちなみ賞に選出

社会

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena
右からRCAの見瀬理事長、菅野副理事長
右からRCAの見瀬理事長、菅野副理事長

 緑園都市の住民らによるまちの管理運営組織「緑園都市コミュニティ協会(RCA)」が、(一財)住宅生産振興財団などが主催する第16回住まいのまちなみコンクールで入賞した。米国の事例を参考にしたまちの管理・運営の取り組みなどが評価された。

 この賞は魅力的な住まいの街並みを育む維持管理、運営などの活動に成果を上げている住民組織を表彰・支援するもの。RCAが受賞した「住まいのまちなみ賞」には、過去にも中区の山手地区などが選ばれている。発表は1月だが、表彰式は国土交通省のまちづくり月間に合わせ今年は7月に実施予定。

 RCAは日本初の住民主体の街づくり組織として1987年に発足。1丁目から7丁目までの住民約5800世帯や地域内店舗、フェリス女学院大学などが会員に名を連ねる。

ボトムアップ型

 緑園地域には他エリア同様連合自治会も存在する。自治会は行政の意向を受けて活動するトップダウンの組織なのに対し、RCAは緑園のまち全体を共有財産として捉え、住民自らが地域の資産価値向上をめざして管理・運営に当たるボトムアップ型なのが特徴。

 大半が分譲で所有している住民が多いことから「まちの管理組合」の意味合いが強い。そのモデルとなったのが、米国の住宅地で取り入れられている「ホームオーナーズアソシエーション(HOA)」という仕組み。その先進事例であるニュージャージー州ラドバーンのまちづくり手法をモデルにしている。

 今回の受賞に際しても、戸建てだけでなくマンションも率先して街並みづくりに参加するHOAの仕組みが30年以上に渡り持続している点などが大きな評価ポイントとなった。

 具体的な活動としては組織内に5つの専門委員会と3つのプロジェクトを設立。緑園都市駅前の植栽による緑化推進や海外との国際交流、緑園西小学校統合後の跡地利用検討などを行う。

 RCAの見瀬賢悟理事長は「活動が理解してもらえたことはうれしい。各委員会がボランティアで活動してきて成果を出した点を、住民の皆さんにも評価して頂ければ」と話した。
 

泉区版のトップニュース最新6

フードドライブを開始

そうてつローゼン

フードドライブを開始 社会

区内3店舗が対象に

4月15日号

立場駅前で定期出店

区内地域作業所

立場駅前で定期出店 社会

報酬増へ販売場所確保

4月15日号

チームで魅力発信

泉区役所

チームで魅力発信 社会

#住むなら泉区 をアピール

4月8日号

蛇口の非接触化進む

泉区公共施設

蛇口の非接触化進む 社会

感染症対策で予算投入

4月8日号

泉交通安全母の会が解散

泉交通安全母の会が解散 社会

「役割終えた」と歴史に幕

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.gennami.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter