泉区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 フェリス女学院大学生と飲食店がコラボメニュー開発 緑園都市駅前の活性化目指す

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
パティシエの高橋さん
パティシエの高橋さん

 フェリス女学院大学(横浜市泉区緑園)の学生と飲食店のA.Cafe(同)が共同で考案したメニューの試作品がこのほど発表され、正式なメニュー化に向けて着々と準備が進んでいる。

 この取り組みは、昨年実施された同大学内の「都市生活の空間デザイン」の授業をきっかけに企画されたもの。緑園都市をより住みやすく魅力あふれるまちにするため、今回は駅前活性化を大きな目標に設定。住民らによるまちの管理運営組織「緑園都市コミュニティ協会(RCA)」や株式会社相鉄ビルマネジメントの協力のもと、ターゲットを飲食店に絞り、学生が主体となって駅周辺の店舗状況の情報収集や学生利用を増やすための施策を練ってきた。

 今回コラボレーションがきまったA.Cafeは昨年4月にオープン。学生側からの提案を受け、同店パティシエの高橋麻美さんは「地域へ馴染む良い機会だと思いました。何より学生の皆さんの熱意が嬉しかった」と話す。商品化に向けて学生たちが提出した5つの案から実現性が高いものをチョイス。2月8日に同店で開かれた試食会では、ハーブサラダチキンと卵をフォカッチャで包んだサンドウィッチにサラダ、スープ、デザートがついたワンプレートメニューがお披露目された。今回上がった意見を反映しながらメニューの改良や値段設定を行い、4月下旬を目安に店舗での販売やフェリス校内での販売をスタートする予定だという。

 同企画に参加した藤田梨紗さん(2年生)は「 新型コロナの影響で授業は全てオンラインだったが、無事に実現できてほっとしている。サラダチキンなど学生が日ごろから好んで食べているものを取り入れてくださったのが嬉しかった」。古川晏純さん(同)は 「これまで学校がある場所というだけの印象だった緑園都市というまちが、地域の実相を知り、住む人や働く人の思いを知ることができたおかげでより身近になった」と話した。

 正式メニュー化の後は、学生たちがポスターやSNS等などを利用しながら地域に向けて宣伝をしていく予定。また季節ごとにこうしたコラボ企画を続けていくことも検討中だという。
 

試作品のワンプレートメニュー
試作品のワンプレートメニュー
Zoomをつかった打ち合わせの様子
Zoomをつかった打ち合わせの様子

泉区版のトップニュース最新6

記念楽曲の映像完成

泉公会堂30周年

記念楽曲の映像完成 社会

区民や小学校が素材提供

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

標準服・校章決まる

義務教育学校緑園学園

標準服・校章決まる 教育

開校まであと半年

10月14日号

ATM前で商店街宣伝

横浜信用金庫和泉支店

ATM前で商店街宣伝 経済

立場の手描きマップ掲示

10月14日号

天王森のホタル、次世代に

天王森のホタル、次世代に 社会

育成グループが発足

10月7日号

認知症カフェ相次ぎ誕生

中田地区

認知症カフェ相次ぎ誕生 社会

回想法や音楽テーマに

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook