泉区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市21年度予算案 一般会計 初の2兆円台に コロナ対応で膨張

政治

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、2021年度の予算案を発表した。新型コロナの経済への影響で、歳入では市税収入が前年度から488億円減少し過去最大の減収を見込む。一方で、感染症対策や市内経済の再生に重点を置く一般会計の予算額は初の2兆円台となる2兆73億円。コロナワクチン接種の実施や中小企業支援のほか、脱炭素社会実現への取組みなど将来への施策も盛り込む。IR(統合型リゾート)については事業者の選定や区域整備計画などに3億6000万円を計上する。

 過去最大の減収となる市税収入では、個人市民税、法人市民税、固定資産税などが軒並み減収。特に個人市民税は雇用環境の悪化による給与所得納税者の減少などにより前年比294億円の減収を見込んでいる。

 不足する財源を補うため、市は国や県からの交付金に加えて1718億円の市債を発行する。市の借金にあたる市債は財政運営の「中期4か年計画」で横浜方式のプライマリーバランスの均衡確保を掲げていたが、目標を一部変更して対応。そのほか、減債基金の活用で200億円、事務事業の見直しで159億円を捻出した。

 歳出では職員給与などの「人件費」、福祉・医療・子育て等経費の「扶助費」、過去の市債返済経費「公債費」の3つを合わせた義務的経費が歳出全体に占める割合は61・7%で、依然として高い水準となっている。

市内経済再生に重点

 市は今回の予算案の最優先課題に「感染症対策の強化と経済再生の両立」を掲げ、総額2405億円を計上。内訳は、感染症対策として医療提供体制の確保や入院患者受入れ医療機関の支援、ワクチン接種、福祉施設等の感染防止支援などに360億円を充てる。

 経済対策では中小企業・小規模事業者等支援に1972億5600万円、商店街支援に1億4900万円、文化芸術支援に1億900万円を計上。その他、学校のICT環境整備に26億8500万円をつけた。

 また、環境先進都市をめざし、「SDGs未来都市・横浜」の実現に1億5800万円、脱炭素社会実現の取組推進に57億9800万円を計上。そのほか、妊娠期からの切れ目のない支援に36億3400万円をつけ、不育症検査費助成の創設等に充てる。開催が1年延期となった東京五輪・パラ五輪開催には、16億5800万円をつけた。

 21年度予算案は2月1日から始まった市会定例会で審議され、3月23日に議決される予定。

補正でワクチン

 市は国の第3次補正予算に対応するコロナ対策の20年度補正予算案を2月3日に発表した。一般会計と特別、企業会計を含めて238億円。

 医療従事者へのワクチン接種関係に16億円、高齢者へのインフルエンザ予防接種に20億円、コロナ禍の影響を受けている小規模事業者に対する訪問やオンラインでの相談支援に5900万円を充てるなどした。
 

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク