泉区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

泉交通安全母の会が解散 「役割終えた」と歴史に幕

社会

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
人形劇による交通安全教室(泉交通安全協会提供)
人形劇による交通安全教室(泉交通安全協会提供)

 交通安全ボランティア団体の「泉交通安全母の会」が3月末日をもって解散した。同会は1992年に発足。泉警察署とともに交通安全啓発の各種イベントに参加していたが、約30年の活動に幕を下ろした。

 泉交通安全母の会は区内8地区からの代表で構成。地区によって町内会の婦人部や近隣小学校児童の保護者らが兼務していた。活動費は泉交通安全協会が負担していた。

 主な活動としては区内での交通安全啓発。年間を通じては幼稚園・保育園での人形劇による「横断歩道の渡り方」「信号交差点の渡り方」などの教室を実施。区の福祉保健センターによる両親教室ではチャイルドシートの装着方法を指導したほか、小学校では自転車安全教室開催の手伝いもしていた。また年末交通事故防止運動で配布していた手づくりの「命なが餅」は毎年の風物詩にもなっていた。

 解散理由のひとつは会員の環境の変化。母親世代が多いのが団体の特性だが、共働きの世帯が増えたこともあり担い手確保が難しくなっていた。PTAの活動とも重複する部分があり、今後の活動について会員で議論を重ねた結果「役割を終えた」として2020年度での解散を選択した。

 最後の会長を務めた瀬戸啓子さん(69)は「時代の流れもあり解散は仕方のないこと。個人的には引き続き交通安全の活動には関わっていきたい」と話した。区内の各交通安全団体が出資し小学校に入学する新1年生へのランドセルカバー配布が、同会としては最後の活動となった。

 交通安全母の会は警察署管内ごとに存在する。市内の母の会の事務局を担っている横浜市交通安全協会によると、今年3月時点で市内21警察署のうち母の会があるのは16カ所。(市安協傘下でない港北母の会を除く)。泉母の会の解散により、市内で母の会がないのは金沢区と泉区となった。

泉区版のトップニュース最新6

子どもと社会の架け橋に

子どもと社会の架け橋に 社会

法人設立で不登校児支援

5月7日号

保育施設に除菌剤寄付

湘南ワイパーサプライ(上飯田町)

保育施設に除菌剤寄付 教育

接触感染防止願い

5月7日号

アクリル板40枚を配備

アクリル板40枚を配備 社会

下和泉の町内会館

4月29日号

5月で20周年

いずみ中央地域ケアプラザ

5月で20周年 社会

区内では4番目の古さ

4月29日号

開校まであと一年

緑園義務教育学校

開校まであと一年 教育

標準服、校章など検討進む

4月22日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter