泉区版 掲載号:2021年4月15日号 エリアトップへ

区内地域作業所 立場駅前で定期出店 報酬増へ販売場所確保

社会

掲載号:2021年4月15日号

  • LINE
  • hatena
上飯田町の作業所で加工した商品を販売する「でっかいそら」の利用者
上飯田町の作業所で加工した商品を販売する「でっかいそら」の利用者

 横浜市営地下鉄ブルーラインの立場駅前で、泉区内の地域作業所を利用する障害者が加工した食品やアクセサリーなど自主製品の定期販売会が4月から毎週月曜と水曜に始まった。時間は午前11時から午後1時30分まで。

 販売を行うのは泉区障害自立支援協議会(自立協)に加盟する8つの地域作業所。各作業所が毎回交代で出店し、パン・クッキーなどの食品や手芸品・アクセサリーなどを販売する。

 各地域作業所では利用者が作成した商品を販売し、その収益を利用者に工賃として還元している。自主製品の販路としては、泉区内では各事業所での販売のほか、区役所1階で各福祉施設や作業所が出張販売を行っている。一方で昨年度は新型コロナウイルスの感染拡大により地域のお祭りなどが相次いで中止に。ブースを出店していた作業所も多く、販売機会の減少に悩んでいた。

2年前から市と交渉

 自立協では2年前から地域作業所の利用者に支払う工賃の水準向上を目的とした部会を発足。駅構内で地域作業所製品のバザーが行われている瀬谷区の例を参考に、市営地下鉄の駅構内を管理する横浜市と出店交渉を続けてきた。

 立場駅構内ではもともと地元の農家や商店の団体「泉まちおこし本部」が地場野菜などの販売を行っており、区役所よりも多くの往来が見込める。市との交渉を担った自立協部会長の宮地俊太郎さん(和輪工房)は「駅構内への出店が地域の皆様に活動を知っていただくきっかけになれば」と話す。

 4月7日には上飯田町で地域作業所「一天」を運営する「でっかいそら」がブースを出店。干し野菜やドライフルーツ、ヒノキの加工品やアクセサリーなどが店頭に並んだ。施設の利用者も店頭に立ち「いかがでしょうか」と通行人に呼びかけた。

 でっかいそらで自主製品の管理業務を行う望月孝敏さんは「どの施設も外向けの販売がコロナ禍で減ってしまったので、2年前から進めていた取り組みだが今がまさにやるべきタイミングだった。どれだけ地域の方に知っていただけるかが今後の課題」と話した。

ドライフルーツなどが並んだ
ドライフルーツなどが並んだ

泉区版のトップニュース最新6

子どもと社会の架け橋に

子どもと社会の架け橋に 社会

法人設立で不登校児支援

5月7日号

保育施設に除菌剤寄付

湘南ワイパーサプライ(上飯田町)

保育施設に除菌剤寄付 教育

接触感染防止願い

5月7日号

アクリル板40枚を配備

アクリル板40枚を配備 社会

下和泉の町内会館

4月29日号

5月で20周年

いずみ中央地域ケアプラザ

5月で20周年 社会

区内では4番目の古さ

4月29日号

開校まであと一年

緑園義務教育学校

開校まであと一年 教育

標準服、校章など検討進む

4月22日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter