泉区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

いずみ中央地域ケアプラザ 5月で20周年 区内では4番目の古さ

社会

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
4月で100号を迎えた広報誌を手にする山田所長(中央)ら職員
4月で100号を迎えた広報誌を手にする山田所長(中央)ら職員

 区内で4番目に開所した、横浜市いずみ中央地域ケアプラザが5月1日で20周年を迎える。これまでの変遷やコロナによる変容を踏まえた次の10年への想いについて、山田実所長やスタッフに話を聞いた。

 2001年5月に市内では74番目の地域ケア施設として誕生したいずみ中央地域ケアプラザ。現在は「地域包括支援センター」「地域活動・交流事業」「デイサービス・認知症デイサービス」「ケアプラン作成」の4つの事業を行っている。

開所時からの職員も

 開所時から20年間同所で勤務し続けているのが、スタッフの菅野順子さん=写真右。今ではケアプラザの名物にもなった「窓アート」も菅野さんが考案した。5月からは20周年を記念した装飾が展示される。

 2階で行われているデイサービスを長年担当する菅野さん。「昔は夫婦二人とスタッフだけでした」という利用者も、今では通常時で40人近くが利用。18年間変わらず利用している人もいるという。「20周年は早いですね。目の前の道も4車線になって、車の出庫も大変になりました」と笑顔を見せる。

役割変わる

 開所当初は「地域の集まれる場」としての役割を持っていた同所。地域住民や事業所などによる地域の居場所としての拠点が増えていく中で、ケアプラザの役割も居場所自体の提供から、居場所の担い手のサポートへと変化していった。

 交流事業などを担当する生活支援コーディネーターの加藤達也さん=写真左=は近年、コーヒーショップのスタッフを招いてのドリップ講座など企業の力を借りた事業に力を入れる。「あくまでもケアプラザの事業なので、地域へのデビューを後押しすることが一番。企業の力を借りることで、ハードルを下げることができれば」と話す。

次の10年へ

 「ふれあい・支え合い」を大事にしてきたケアプラザだが、昨年からのコロナ禍はその理念を揺るがすものとなった。そうした中で同所では、自宅でできる介護予防の情報発信などに努めている。

 昨年から所長を務める山田実さん=写真中央=は「これからの10年は地域包括ケアシステムを進めていく中で『この取り組みがなぜ必要なのか』という認識を職員が共有して動いていくことが大切だと思う」と話した。

泉区版のトップニュース最新6

中庭をリニューアル

下和泉地区セン ケアプラザ

中庭をリニューアル 社会

地域交流の拠点目指す

6月10日号

対象拡大し食支援

泉区社協

対象拡大し食支援 社会

学生に加えひとり親にも

6月10日号

小川さんが関東へ

松陽高校陸上部

小川さんが関東へ スポーツ

砲丸投げで同校史上初

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

地域と共に130年

中和田小学校

地域と共に130年 社会

記念式典を挙行

5月27日号

中小企業の販路開拓支援

横浜市

中小企業の販路開拓支援 経済

コロナ禍では初

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter