泉区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

ゆめが丘にキャンプ場 「泉区の豊かな自然感じて」

社会

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
手作りのかまどを紹介する美濃口さん
手作りのかまどを紹介する美濃口さん

 下飯田町在住の美濃口俊雄さん(73)が相鉄ゆめが丘駅そばに区内初となるキャンプ場をオープンさせた。「泉区にはまだこんなにも豊かな自然があることを知ってもらえれば」と期待を込める。

 青々と茂った森の中に、こんこんと流れる清らかな湧水。「訪れた人たちが『横浜じゃないみたい』と口を揃える度に嬉しい気持ちになります」とにこやかに話すのは、同所を立ち上げた美濃口さん。相鉄ゆめが丘駅徒歩5分の山中に、このほど「自然館泉ベリーキャンプ場」をオープンさせた。

 下飯田町で生まれ育ち、農家として野菜や果物の生産をしながら、約30年前から農産物の直売所を経営している美濃口さん。現在再開発が進むゆめが丘地区の移り変わりも長年見守ってきた。「新しく生まれ変わるまちだからこそ、昔ながらの景色も伝えていきたい」と考えていた矢先、地域住民で管理してきた約7ヘクタールの土地が開発予定地から外れることが決まった。

 「この土地で何かできないか」と約3年前にキャンプ場のオープンを決意。自然そのままの姿を残すことを意識しながら、芝刈りや花の植栽、キャンプスペースの整備を行ってきた。かまどや水場も全て手作りだ。「地元の方はもちろん、状況が落ち着いたら沢山の人に来てもらえるような場所にしたい」と力を込める。

 現在はコロナ禍のため規模を縮小して運営中。キャンプ場はスペースが大中小の20区画に区切られ、規模や用途に合わせて選ぶシステム。テントやキャンプ道具は各自持ち込み制。今後はブルーベリーなどの果物狩りも一緒に楽しむことができるようになるという。キャンプ場に関する問い合わせは美濃口さん【携帯電話】080・6710・3297。
 

泉区版のトップニュース最新6

広がる「ラジオ体操」の輪

緑園地区

広がる「ラジオ体操」の輪 スポーツ

交流と健康づくり目指し

6月23日号

7月に60回目の公演

劇団年輪

7月に60回目の公演 文化

「失敗」乗り越える姿を表現

6月23日号

土曜の地域食堂「居場所に」

弥生台

土曜の地域食堂「居場所に」 社会

NPO「だんだん」が運営

6月16日号

泉区の魅力を共有

市職員発写真カレンダー

泉区の魅力を共有 文化

好評受け、DL可能に

6月16日号

介護予防に地域活動を

介護予防に地域活動を 社会

区、身近な取組一冊に

6月9日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook