泉区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

横浜泉中央ボーイズ 2年ぶり全国舞台へ 昨年春の中止乗り越え

スポーツ

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
いせはらサンシャイン・スタジアムで行われた神奈川大会決勝戦を制し、全国大会出場を喜ぶ横浜泉中央ボーイズの選手・スタッフたち
いせはらサンシャイン・スタジアムで行われた神奈川大会決勝戦を制し、全国大会出場を喜ぶ横浜泉中央ボーイズの選手・スタッフたち

 深谷通信所跡地グラウンドが練習拠点の中学生野球チーム「横浜泉中央ボーイズ」(羽太健一代表)が、8月2日に開幕する第52回日本少年野球選手権大会に出場する。出場予定だった昨年の春季全国大会はコロナ禍で中止に。それ以来の全国舞台となる。

 同大会には全国の支部予選を勝ち抜いた48チームが出場。5月から7月上旬にかけて行われた県予選では、泉中央は15チームでのブロックトーナメントを勝ち抜き出場権を獲得した。

 「選手が踏ん張ってくれて最後に花開いた」と宇野和之監督。中でも苦戦したのが準決勝の横浜緑ボーイズ戦。終盤に逆転を許すも最終回で再逆転し、決勝に進んだ。

 決勝の相手は春季県大会の王者・横浜青葉ボーイズ。負けられない一戦で泉中央は打線が爆発。11得点を奪い4回コールドで全国への切符をつかんだ。決勝でコールド勝ちを決めるタイムリーを打ったのは主将の宇野日向くん(3年)。宇野監督の孫であり、攻守に定評のあるキャプテンがここぞで活躍した。

 昨年春にも全国大会に出場予定だった同チームだが、コロナの感染拡大により大会が中止に。3年生の宇野主将にとっては待望の全国舞台。「レベルの違う選手がたくさんいると思うので楽しみたい。毎試合チームを導くヒットを打てるようにしたい」と意気込む。

「初戦の壁破る」

 めざすは全国制覇だが、そのためにはまず越えなければいけない壁がある。過去6回の同大会出場時はいずれも初戦敗退。「一日も長く(開催地の)大阪に滞在し、神奈川の代表として恥ずかしくない試合をしたい」と宇野監督。初戦は8月2日、北陸支部代表の石川ボーイズと対戦予定。チームの強みである「実践力」を発揮し、壁を打ち破ることができるか。

泉区版のトップニュース最新6

ロボコン全国舞台へ挑戦

中田中生徒有志

ロボコン全国舞台へ挑戦 社会

同校から2大会連続出場

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

コロナ下活動の助言講座

コロナ下活動の助言講座 社会

支援センターが主催

9月9日号

コロナ禍で訓練苦慮

地域防災拠点

コロナ禍で訓練苦慮 社会

昨年度は区内半数中止

9月2日号

再建終え落慶法要

岡津不動堂

再建終え落慶法要 文化

宮大工の手で一新

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook