泉区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

日本サッカー協会100周年功労表彰を受賞した 伊藤 清春さん 上飯田町在住 74歳

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena

「踏むな 育てよ 水注げ」

 ○…新設の公立校を全国大会に11度導き、高体連の専門部長として競技運営にも尽力するなどの活動が、サッカー界の普及発展を称える今回の日本サッカー協会100周年表彰につながった。公立高校の校長を歴任するなど、教育界での貢献が評価されて昨年受章した春の叙勲(瑞宝小綬章)に続いての慶事。「うれしいですね」と思わず顔をほころばせる。

 ○…山梨県生まれ。外国文化漂う文化都市ヨコハマに憧れて、神奈川県の教員を目指した。初任地は川崎技術高校の定時制。サッカー部の顧問となり、2年目で県定時制通信制大会で優勝。自らの指導に自信を深めていく中、1974年に当時開校2年目だった旭高校の顧問に就任。これが「旭トータルサッカー」伝説の始まりだった。

 ○…「知・徳・体のバランスが取れたトータル人間」「技術・戦術・体力・知識を備えたトータル選手」「一人ひとりに居場所があるトータルチーム」。練習場所もままならない頃からこの3つを「旭トータルサッカー」として部員たちに説いた。「踏むな、育てよ、水注げ」の精神で目指すべきイメージを各々に持たせ、才能を開花させる指導を心がけた18年。その結果全国で活躍するチームを作り上げ、Jリーグやなでしこリーグの監督を務めた菅野将晃さん、浦和レッズの黄金期にGMだった中村修三さんなど、のちに日本サッカー界で活躍する人材を育て上げた。

 ○…8年前から泉区サッカー連盟会長を務める。74歳の今も、深夜に衛星放送で欧州サッカーを見るのはもちろん、教え子たちとフットサルにも興じる。「ゴールが入った時の、頭のてっぺんから背中にかけて衝撃が身体を駆け巡る感覚。これは辞められないね」と笑顔を見せた。

泉区版の人物風土記最新6

福島 康浩さん

泉公会堂改修後初の公演を行ういずみ吹奏楽団代表の

福島 康浩さん

南区在住 61歳

12月2日号

手塚 龍治さん

有限会社初鹿野(はじかの)建設の2代目として社内のSDGsを推進する

手塚 龍治さん

中田西在住 34歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

五十嵐 英成さん

泉警察署協議会の会長に就任した

五十嵐 英成さん

岡津町在勤 65歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

峰岸 正臣さん

来年4月に開校する緑園学園の校章デザインを手がけた

峰岸 正臣さん

緑園在住 46歳

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook