泉区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

(PR)

劣化が進む”大谷石”の石塀・石垣でお困りの方へ 「その風化を抑え、お直しします」 老舗石材店「石半(いしはん)」が再生を提案

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 昭和の時代に石塀として数多く使われてきた「大谷石」。その寿命は20年〜30年といわれ、倒壊の恐れもある石塀が目立ってきた現在、創業90年の老舗石材店「石半」が施工する大好評の「石塀リフォーム」を取材した。

 大谷石とは栃木県大谷町で採れた石のこと。耐火性に優れ自然な風合いが日本人になじむと戦後から昭和50年代にかけて広く建材として使用されてきた歴史がある。しかし年数が経つにつれ風化が進み、近年甚大化する台風の影響もあって倒壊の恐れすらあるという。

 その一方で塀全体を取り換えるには多額の費用が必要で、古い大谷石自体を処分するだけでも大きな出費が伴うのが実情だ。実際に石工事一筋90年の同社には”大谷石のプロ”として「いつか崩れたり倒れたりしないだろうか」「昔の施工で地震が心配」「風化を止めたい」という相談が数多く寄せられている。

 そこで同社では石材店ならではの技を生かし、大谷石を取り換えることなく補強しながら風化を抑え、安価に石塀を再生することを可能にした。すでに多くの施工実績もあり、リフォームをした顧客からは「もっと早く石半さんに相談すればよかった」と確かな評価を得ているという。

悪質業者に注意!

 近年、大谷石の古い石塀・石垣がある家へと訪問・ポスティング営業をする業者がいると縄嶋周治代表。中には「崩れてけが人などを出してからでは遅い」と営業マンに言われるがままに依頼をしてしまい、高額な請求をされてしまったケースもあるという。縄嶋代表は「相手の素性がはっきりと見える地元店に相談を」と話す。

 だからこそ大谷石の工事は、遠方のリフォーム業者ではなく「親切・丁寧・安心」がモットーの石半にぜひ任せたい。

縄嶋周治代表
縄嶋周治代表

株式会社 石半

神奈川県横浜市戸塚区品濃町3

TEL:0120-380-601

https://ishi-han.co.jp/

泉区版のピックアップ(PR)最新6

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

「住んだまま買い取り」サービスが好評

5月19日号

注入だけの若返りシワ治療

症例6万7千件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

5月12日号

相続・家の悩みに無料相談会

相続・家の悩みに無料相談会

緑園都市・二俣川両センターがタッグ

5月5日号

ウスイホームが選ばれる理由

ウスイホーム戸塚店(戸塚モディ地下1階)

ウスイホームが選ばれる理由

創業45年の地域密着企業

5月5日号

掲示板やゴミ置き場はお任せ

掲示板やゴミ置き場はお任せ

横浜で創業50年超の日本保安工業

5月5日号

弁護士による無料個別相談会

弁護士による無料個別相談会

5月15日 相続など不動産の問題を解決

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook