泉区版 掲載号:2022年4月21日号 エリアトップへ

4月開校の小中一貫の義務教育校「緑園学園」を初代校長としてまとめる 野口 弘之さん 緑園在勤 58歳

掲載号:2022年4月21日号

  • LINE
  • hatena

”心”結び、つくる学び舎

 ○…「まずは少しほっとしている」。開校式から入学式、着任式などの行事をこなし、給食を含めた通常授業が始まったことに本音がもれる。開設準備担当として2年前からかかわってきた学園の船出。市内3校目となる小中一貫義務教育校だが、市のモデルを担うという気負いは少ない。「楽しみ。できたてで無いものばかり。だからこそ面白い学校に」

 ○…市内鶴見区生まれ。「何かを残せる仕事に」と教諭を目指した。都内の私立校などを経て、1990年から国語科の教諭として市内中学校などに20年勤務。派遣され台湾の日本人学校で3年間教鞭をふるった経験もある。この間、社会に巣立っていった教え子たち。最初の生徒は40代半ば。関係が続く子どもたちも多い。「コロナ禍で減りましたけど、飲みに行ったりも」。誰に対しても、最終的に行きつくのは信頼関係。教師として、校長として、心に刻んでいる。

 ○…体調を整えるためと、ジム通いは欠かしていない。「最近ケガをしてしまって」と言うが、「有酸素運動で脂肪を燃焼させてから筋力トレーニング、たんぱく質をとるためにプロテインを」と本格的だ。「でも、土日も忙しくなって少し減るかもしれませんね」。先日、初の公式戦となった野球部の試合も観戦。長年テニス部の顧問だったこともあり、「なるべく公式戦は観たい」とほほ笑む。

 ○…「『緑園学園』をつくるという気持ち」。単なる小中学校ではなく、他にない学校。準備期間中には地域からの学校愛の深さも実感した。子どもに保護者、地域と教職員。信頼を結び、みんなの学校に。70人の教職員にかけた「ワンチーム緑園」の言葉。時に先頭、時に屋台骨、初代校長が一歩踏み出した。

眼科再開しました

西横浜国際総合病院 TEL:045-871-8855

https://www.nishiyokohama.or.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

西区在住 26歳

6月30日号

宮藤 涼一さん

銅版画(メゾチント)の個展を6月28日から、旭区のサンハートで開く

宮藤 涼一さん

新橋町在住 72歳

6月23日号

金子 公紀(ともただ)さん

5月から泉区シニアクラブ連合会の会長として会をけん引する

金子 公紀(ともただ)さん

岡津町在住 80歳

6月16日号

工藤 達也さん

「泉サポートプロジェクト」のコアメンバーとして活動を推進する

工藤 達也さん

泉区内在住 49歳

6月9日号

井上 こすずさん

マーチング新形態「MIX3」のチャンピオンシップ大会で部門優勝した

井上 こすずさん

中田東在住 14歳

6月2日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook