泉区版 掲載号:2022年6月23日号 エリアトップへ

銅版画(メゾチント)の個展を6月28日から、旭区のサンハートで開く 宮藤 涼一さん 新橋町在住 72歳

掲載号:2022年6月23日号

  • LINE
  • hatena

黒の中を想像力で照らし

 ○…ベルソーという道具を使って、銅板に無数の小さな点を打ち、作品を仕上げるメゾチント(銅版画)。2年間のうちに制作した作品約40点と約700点のスケッチを並べた個展を旭区民文化センター「サンハート」のギャラリーで開く。これまでも2年に1回のペースで開催しており、「自分にとってのモチベーション。作品一つひとつというより、まとまって何かイメージを感じてもらえたら」。

 ○…日々、思いついたものをスケッチに描くのが日課。見たものや感じたことからインスピレーションを受けたり、時には線を一本引いて発想したりすることも。それをもとに、版画作品につなげている。「削った部分は白になるので、黒から何かを取り出すイメージ。内面を表現しやすくて自分に合ってる」

 ○…父の仕事で全国を転々とした子ども時代。夢中だったのは勉強で、科学者を目指していたことも。だが高校の時に美術と出合い、多摩美術大学に進学。同大大学院を経て、中学校の美術教諭の道に進んだ。版画制作も並行していければと考えていたが、仕事に追われてその時間は取れず。そんな時に出合ったのがメゾチントだったという。「小さな銅板を使って、すきま時間にこつこつと」。次第にその魅力に惹かれていった。

 ○…「『想像力』を育てることが大事」。美術部では部員にそう指導してきた。またバドミントン部の顧問も長年務め、講習会に通うなどして試行錯誤を続けた。「頑張った分だけ、生徒は返してくれる。多くのエネルギーをもらった」。今も市内や大和市の学校で生徒たちに関わっている。個展には教え子もしばしば足を運ぶ。「会心の作品っていうのはない。ただ足跡の中には自分自身の発見もある」

眼科再開しました

西横浜国際総合病院 TEL:045-871-8855

https://www.nishiyokohama.or.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

西区在住 26歳

6月30日号

宮藤 涼一さん

銅版画(メゾチント)の個展を6月28日から、旭区のサンハートで開く

宮藤 涼一さん

新橋町在住 72歳

6月23日号

金子 公紀(ともただ)さん

5月から泉区シニアクラブ連合会の会長として会をけん引する

金子 公紀(ともただ)さん

岡津町在住 80歳

6月16日号

工藤 達也さん

「泉サポートプロジェクト」のコアメンバーとして活動を推進する

工藤 達也さん

泉区内在住 49歳

6月9日号

井上 こすずさん

マーチング新形態「MIX3」のチャンピオンシップ大会で部門優勝した

井上 こすずさん

中田東在住 14歳

6月2日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook