神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
泉区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

保護司を長年務め、このほど瑞宝双光章を受章した 田中 龍彰さん 和泉町在住 72歳

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena

『言葉を信じる』信条を貫く

 ○…犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える役目を担う保護司。37歳の時に知人の紹介で引き受け、30年以上にわたり務めてきた。このほど、瑞光双光章を受章。「当時は保護司のことを知らなくてね。引き受けてから、求められる役割の重大さを知ったよ」。暴走族やシンナーといった時代から大麻などのドラッグや特殊詐欺と犯罪は社会背景により変わったが、最初に会ったときに話す言葉は変わらない。「君の言葉は全て信じるから」

 ○…密蔵院(和泉町)の長男として生まれる。中学校では地元のボーイスカウトに入団。フィールドワークが好きで大学卒業後も活動を続けた。「先輩、後輩たちからもよくしてもらってね。自分にとって大切な仲間たち」と、OB会の開催を楽しみにする。

 ○…「お寺なんか継ぐものか」と思っていたという。進路を決めようとしていた大学生の時、父が病気を患った。寺の仕事を手伝っているうちに気持ちが少しずつ変わっていく。地域や檀家との関わりに「自分に向いているかも」と感じるようになった。「先代と同じようにはできないが、父の影響はやはり大きい」

 ○…70歳手前からサックスを習いだした。「生まれてこの方、こんなに練習したことはない」と言うほど今はサックスに熱中。「檀家さんにご詠歌を教えることがあるが、今は自分が注意したことと同じことを言われている」と笑う。保護司の仕事をしているとウソをつかれることもあるが、「聴いてあげることが大切」と『信じる』という信条は変えない。相談を受けた少年の一人は大検を受検し、のちに海外の大学で教授になったと少年の母親から聞いた。「長年活動を続けることで、多少なりとも力になれたのかな」

衆議院議員 山崎誠 

「明日は我が身 能登半島地震に学ぶ」

https://yamazakimakoto.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

上野 誠也さん

横浜国立大学大学院の名誉教授で、無人探査機「SLIM」の月面着陸に貢献した

上野 誠也さん

66歳

2月22日

露木 政幸さん

消防団活動を長年務め、このほど瑞宝単光章を受章した

露木 政幸さん

上飯田町在住 75歳

2月15日

田中 龍彰さん

保護司を長年務め、このほど瑞宝双光章を受章した

田中 龍彰さん

和泉町在住 72歳

2月8日

佐藤 喜一郎さん

春高バレーでベスト8入りした横浜隼人高校女子バレー部の監督を務める

佐藤 喜一郎さん

横浜隼人高校勤務 60歳

2月1日

平野 裕一さん

泉公会堂の新館長に就任した

平野 裕一さん

海老名市在住 44歳

1月25日

守屋 義雄さん

公益社団法人 神奈川県歯科医師会の第23代会長を務める

守屋 義雄さん

日吉本町在住 65歳

1月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook