金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回 野島に残る戦跡 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
野島掩体壕の西側=写真上=と東側=同下
野島掩体壕の西側=写真上=と東側=同下

 横浜・金沢区及びその周辺には、横須賀市・追浜に横須賀海軍航空隊(追浜飛行場)、海軍航空技術廠(ぎじゅつしょう)(飛行機に搭載する機銃や航法機器等の研究・試作するところ)、また、富岡に横浜海軍航空隊が設置されたことにより、軍事関係の施設が造られた。

 特に野島は、横須賀海軍航空隊に隣接していたため、防空砲台や、防空壕などに加えて、掩体壕(えんたいごう)が造られた。掩体壕とは、敵の爆撃から飛行機を守るために土塁やコンクリートで覆った壕のこと。

 写真に示すように今日まで残って、見ることができる野島掩体壕は長さ260m、巾20m、高さ8mのトンネル状に造られている。

 すぐ近くにあった夏島の掩体壕と合わせて100機の飛行機を格納できる施設で、当時、日本一の規模を誇ったという。

 この掩体壕を造ったのは、横須賀海軍施設部の土木工事専門部隊で、横浜市港北区日吉台の連合艦隊司令部(海軍の艦船・航空機を作戦指揮するところ)や長野市の大本営(陸軍・海軍の全部隊を指揮するところ)の海軍部用壕の建設にも従事した。

 野島掩体壕は、終戦の昭和20年(1945)3月から6月にかけて急ピッチで造られたが、実際の戦争には使われなかったといわれている。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

刺抜きの特効薬?

金子さんの草花の不思議発見!第36回ニシシギ

刺抜きの特効薬?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月14日号

バス路線「ピアライン」が誕生

バス路線「ピアライン」が誕生

桜木町〜新港ふ頭を結ぶ

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

IRと横浜

10月31日号

「芙蓉」はハス・スイレンを指す

金子さんの草花の不思議発見!第35回フヨウ

「芙蓉」はハス・スイレンを指す

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月31日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カナガワ国際児童画展

カナガワ国際児童画展

12月10日から区役所2階で

12月10日~12月15日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク