港南区・栄区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

港南区不登校ひきこもり連絡会 活動周知に前進 区内の支援団体を紹介するパンフレット完成 

社会

パンフレットの表紙
パンフレットの表紙

 不登校やひきこもりの問題を抱える児童・生徒、その保護者らを支援する団体で構成する「港南区不登校・ひきこもり連絡会」はこのほど、活動紹介を目的としたパンフレットを作成した。支援を必要とする人や地域の小中学校に対し、活動の周知に力を入れている。

 同連絡会は不登校に陥った児童・生徒への学習支援や居場所づくり、ひきこもりの生活を送る子どもをもつ親同士の話し合いの場の提供など、同様の活動に取り組む区内7団体が横の繋がりをもつことを目的に一昨年に結成されたもの。定期的に集会を開き、不登校になった経緯や支援を受けて再び通学するようになった子どもの成功例など、情報交換を行ってきた。

 このなかで課題にあがったのが活動の周知方法。不登校やひきこもりは本人や保護者にとって周囲へ話しづらい内容であることから、直接的に支援活動を訴えるのは困難で、利用者は口コミなどに頼るしかないのが現状だった。また、これまでに個々で行ってきたPR活動では広報力に限度があったことからも、連絡会として各活動を紹介するパンフレットを合同で作成するに至ったという。

求められる連携

 完成したパンフレットは、より多くの目にふれやすいように、同連絡会に協力して事務局を担っている港南区社会福祉協議会ほか、地区センターなどの公共施設に設置される予定。そのなかでもメンバーが特に重視していると口をそろえるのが、不登校の状況を把握している小中学校への配布だ。

 同連絡会のメンバーで、不登校児の支援などを行う「こうなんYОU輝(ゆうき)」の代表を務める佐藤潤さんは、自身の小学校や養護学校での教員経験から「不登校の子どもをサポートする団体が地域には数多くあるが、教育現場ではその存在があまり知られていない」と話す。横浜市教育委員会は平成16年に「不登校対策アクションプラン」を作成し、予防・対応策を推進している一方、佐藤さんは現場の教員が多忙な日常業務に追われていることにふれ、「地域と協力できる部分については連携してもらえたら」と訴え、配布を通じて「まずは活動を知ってもらうこと。積極的にアプローチしていきたい」と語る。

 また、不登校の子どもを抱える親が語りあう「こだまの会」の代表、馬場千鶴さんも、「学校と家での子どもの様子は異なる。情報交換など、お互いに協力しあえる関係を築いていけたら」と話す。

 同連絡会では今後、学校や地域での信頼を得るために活動の実績をデータとして蓄積していくほか、不登校の期間に学習が遅れた児童・生徒を支援するために他施設での学習指導の様子を見学し、参考にすることなども検討していくという。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

港南区選抜が準優勝

少年野球各区選抜大会

港南区選抜が準優勝

3月15日号

森の魅力PRへ意見交換

日野小「暁」が全国3位に

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

シニア男性の声 商業施設へ

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク