港南区・栄区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

30周年を迎えた神奈川県神輿保存会「野庭睦」の会長を務める 佐藤 光洋さん 野庭町在住 68歳

神輿を通じた絆

 ○…神奈川県神輿保存会「野庭睦」を立ち上げ、今年で30周年を迎え、11月20日には記念式典も行われた。個人で神輿を所有し、地元はもちろん、毎年群馬県で行われる祭にまで遠征するほか、会主催の祭も企画する。「自分が作った会だけど、皆でやっている会。俺1人ではできない」とこれまでを振り返り、仲間の大切さを強調する。

 ○…「俺はプロだから」。40年以上神輿を担いできた大ベテランの肩には拳大のこぶが。各地域で異なる神輿の担ぎかたや足捌きを「教えられなくても、見ることで体得してきた」。そこまで神輿に夢中になる理由は「担ぐと大声を出せる。発散できる場所だから」。あるときは暴走族の若者に、神輿を担ぐ場を与えた。一生懸命に取り組む姿を見て「一人ひとりと付き合うと全然悪い奴じゃない」と実感を込めて語る。神輿の担ぎ手というと血気盛んなイメージがあるが、「喧嘩やいざこざはない」と言い切る。協力し合わなければ、担ぎ上げることができないくらいに神輿は重いからだ。

 ○…会員数は10人程度と少ないが、「皆自分の子どもみたいなもの」とまるで父親のような表情を見せる。普段から家族同然に親しくつきあい、集めた会費に少しでも余裕があった時には、会員を旅行に連れて行く。今年、計画停電を受けて例年行っている祭の開催が見送られた。その際、会員には涙を浮かべる人もいたほど。年齢や職業は様々だが、神輿への熱い気持ちは皆共通している。

 ○…祭は地域の活性化を目的に行うのはもちろん、「好きだからやっている」と力強く断言する。30年に渡り会長職を務めるが、祭の現場を広く見渡し、管理を行う任務は想像以上に過酷。「会長なんてやるもんじゃないよ。明日辞めたっていいんだ」と気軽に話すのは、信頼できる仲間が後継者になってくれると知っている余裕から。これからも野庭睦という一家の大黒柱として会を支えていく。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

遠藤 吉隆さん

港南歴史協議会のメンバーとして神話、神社についての講演を続ける

遠藤 吉隆さん

3月1日号

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク