港南区・栄区版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

校歌の由来ははるか昔 春日の森の白雉

 日野小学校の校歌は1965年に以前の校歌から改定された。現在の校歌の3番目の歌詞には「春日の森の 白雉に」とあるように、かつて日野小は春日神社付近に建っていた。そしてこの白雉とは今から1360年ほど前の孝徳天皇の時代に、春日神社の森で地域住民によって白い雉が捕まえられ、天皇に献上されて当時の元号、白雉(はくち)の元になったという逸話から。

 春日神社の森には昭和初期まではふくろうや野兎が住んでいたほか、ひよどりなどの季節の鳥が飛来してきていたという。今はそれらの動物の姿は見えないが、山鳩やとんびが羽を休める憩いの森となっている。

 現在の春日神社の宮司、松本正昭さんは日野小出身で校長も務めていた。日野小開校当時は松本宮司の祖父が朝礼で講話を行うなど、古くから日野小と関わってきた。140年を迎えた日野小について「市内でも有数の歴史を持つ学校。140年の歩みは本当にめでたい」と話していた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク