港南区・栄区版 掲載号:2013年9月12日号
  • googleplus
  • LINE

吹奏楽団「ブラス・カスミッシモ」の代表を務める 原田木舞(こまい)さん 上永谷在住 31歳

吹奏楽で元気を届ける

 ○…9月15日に、鎌倉芸術館大ホールで15周年記念定期公演を開催する「ブラス・カスミッシモ」。カスミッシモは1999年、高校生だった東永谷中吹奏楽部OBが中心となって設立。「言いだしっぺだったから」と結成当初から代表を務めている。「応援してくれている人たちに改めてお礼のできる演奏会。感謝の気持ちを伝えたい」と意気込む。

 ○…吹奏楽との出会いは相武山小時代。東永谷中吹奏楽部の秋のコンサートで、その破天荒なパフォーマンスに強く引き付けられ、憧れを抱くようになった。同中進学後は迷わず吹奏楽部に入部。ホルンを担当することになったが、当初は「なんでホルンに」と思っていたとか。しかし、中音域のホルンは、ハーモニーを作り全体の音に厚みを持たせる「縁の下の力持ち」。ホルンで身につけた協調性は今でも楽団の活動に活かされている。音大卒業後は楽器メーカーに勤務。管楽器の修理やメンテナンスなど「好きなことを仕事にしている」と充実した生活を話す。

 ○…団員はメンバーの友人や知り合い、演奏を見て加わった人など10代から40代までの約60人。土日を中心に練習し、様々な場所で演奏を披露している。15年前は高校生だった創立メンバーも30歳を超え、最近は楽団内で結婚する人も。同じ年代の仲間で結成したからこそ結束は強く、「楽団がメンバーにとって実家のような存在でありたい」と想いを口にする。

 ○…ロックやオーケストラなど幅広くカバーできる吹奏楽団を「幕の内弁当的なおいしさがある」と表現。その上で、笑いや踊りを取り入れるなど、総合芸術として楽しめるステージがモットーだ。実際に2006年に東関東選抜吹奏楽大会に出場した際には、演奏中の企画が白熱しタイムオーバーで審査対象外になったことも。今では笑い話になっているが今後も「元気を伝えたい」というコンセプトで、楽しんでもらえる音楽を届けていく。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

渡辺 元美(もとみ)さん

横浜高校野球部の渡辺元智前監督の次女で6月に寮母生活を振り返る本を出版した

渡辺 元美(もとみ)さん

7月26日号

永野 正之さん

横浜市建築士事務所協会の港南支部長として支部の事務を担う

永野 正之さん

7月19日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月12日号

久保 浩一さん

円海山域の昆虫調査を40年近く続け、31日に港南台地域ケアプラザで講座を開く

久保 浩一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月21日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク