港南区・栄区版 掲載号:2014年2月13日号 エリアトップへ

港南区 農作業でつながりづくり 自ら育てたそばに舌鼓

掲載号:2014年2月13日号

  • LINE
  • hatena
多世代が交流しながらそば打ち
多世代が交流しながらそば打ち

 港南区は区民参加型の事業として、野庭町と大久保の畑で様々な農作物を栽培している。2月9日には今年度の集大成として自ら育て、収穫したそばを打ち、味わった。

 区は、区民同士のつながりづくりや地産地消の推進、ふるさと意識の醸成を目的として、農耕作体験「ビタミン満菜(まんさい)農園」を企画。農家から無償で提供を受けている野庭町の農地と、大久保にある市未利用地で様々な野菜を1歳から80代までの区民60人が中心となって栽培してきた。

 今回は1年間の活動の締めくくりとして収穫したそばを打ち、試食会を開催。そば打ちを恒例の地域行事としているさつき台自治会(林金吾会長)の指導協力の下、区民35人がウィリング横浜の調理室に集まり、そば打ちに挑戦した。

 当日は幼児も6人参加し、周りの大人と一緒にこねて伸ばすなどそば打ちを体験。3人の子どもと参加した阿部敦史さん(30)と友紀さん(28)夫婦は都市部の出身で農業とは縁がなかったというが、「子どもに農体験をさせたかった」と家族で満菜農園に参加した理由を話す。そばを試食した姫奈(ひな)ちゃん(6)も「自分で作ったからおいしい」と笑顔を見せた。同じく参加した大貫一幸区長は「この事業で港南区にも畑があることを意識してもらえる。自然に楽しみながら世代間交流もできる」と感想を述べ、最後には参加者全員で地域づくり応援歌「明るく元気ひまわりこうなん」を歌うなど賑やかに終了した。

 区担当者によると、来年度も満菜農園は実施し、若干名の募集も行う予定だ。

子どもは「おなかいっぱい」
子どもは「おなかいっぱい」
11月3日のそば収獲(左)と、打ち立てのそば
11月3日のそば収獲(左)と、打ち立てのそば

港南区・栄区版のトップニュース最新6

コールセンター設置

横浜市ワクチン接種

コールセンター設置 社会

市民の問い合わせに対応

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

地域交流カフェ閉店へ

さんぽみち

地域交流カフェ閉店へ 社会

2月25日号

50周年記念誌を配布

港南区スポーツ協会

50周年記念誌を配布 スポーツ

コロナの影響で1年越し

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

栄区内で自動運転バス実験

【Web限定記事】

栄区内で自動運転バス実験 社会

神奈中が3月まで実証走行

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク