港南区・栄区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

港南区民生委員児童委員協議会の新会長に就任した 五十嵐 輝子さん 日野在住 71歳

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

地域に笑顔のお返しを

 ○…昨年12月、区内272人の民生委員児童委員を取りまとめる協議会の会長に就任。各委員に求めるのは、「まずはそれぞれの担当地域をしっかり見守ってほしい」。高齢者世帯の訪問から育児支援まで、委員の役割は幅広いが、「大変な仕事というイメージだけが先行し過ぎている。1人で抱え込まず、仲間と共有してほしい。私もそのおかげでやってこられたから」。

 ○…同委員の役割の中でも「要援護者の見守り」は大きなものの1つ。災害時の備えとしても高齢者などの実態把握が不可欠だが、「個人情報」の壁が立ちふさがることも。だからこそ日ごろからの関係づくりを大事にし、1人ひとりに目配りする。「でも委員だけではなかなか難しい。自治会町内会や行政との連携を強めることで、支援体制を整えていきたい」

 ○…委員になったのは48歳の時。当時は週1回、都内に住む父の介護を手伝い、母が1人暮らしとなってからは毎日1時間ほど電話で安否を確認していた。「見守りは『ここまでやればいい』というのがないのが難しい」。両親がその住む地域で日ごろから声がけをしてもらうなど、地域に支えられていたことが家族として心強かった。「子には子の生活があり、親も住み慣れたまちで暮らしたいもの。だから『地域』で支えることが重要になる」。両親の世話を近くでみられない代わりに「自分は自分の周りの人たちのため、できることをしようと思った」。

 ○…「スープの冷めない距離」に住む6歳と1歳の孫との時間や、「ママのホッとする場になれば」と自ら立ち上げた、地域の子育てサロンでの時間が今の楽しみ。家の、地域の「おばあちゃん」として子守りを担い、「癒されてるのは、実はこっちの方なんだよね」と優しく微笑む。「この子たちが元気に育っていける環境を、大人たちが考えていかなくちゃ」。目の前にいる大好きな子どもたちの笑顔のためにも、自然と力が入る。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

川田 将之さん

この春から豊田地域ケアプラザ(栄区飯島町)の所長を務める

川田 将之さん

戸塚区在住 46歳

6月17日号

山崎 美奈子さん

監督・音楽を手がけた音楽劇「一獣一彩」を6月26日にあーすぷらざで公演する

山崎 美奈子さん

栄区東上郷町出身 41歳

6月10日号

白川 正信さん

来年4月に「栄区スポーツ協会」へと名称変更する栄区体育協会の会長

白川 正信さん

栄区飯島町在住 69歳

6月3日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

市内在住 21歳

5月27日号

臼井 瑞穂さん

港南区に館銘板を寄贈した日野石材工業協同組合理事長の

臼井 瑞穂さん

日野中央在住 57歳

5月20日号

金枝 洋平さん

今年4月に笠間地域ケアプラザの所長に就いた

金枝 洋平さん

藤沢市在住 44歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter