港南区・栄区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

災ボラセンター 公開訓練で役割PR 災害時の動き確認

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
指示を受ける参加者
指示を受ける参加者

 災害発生時の「災害ボランティアセンター」の機能や役割を知ってもらおうと、港南区災害ボランティアネットワークは2月14日、港南区福祉保健活動拠点で市民参加型の災害時ボランティア派遣訓練を行った。

 同センターは阪神・淡路大震災の際に、全国から殺到したボランティアがうまく機能せず、被災地が逆に混乱した反省から考え出された仕組みで、大規模災害時に各地から駆けつけるボランティアを被災地域の要望と結び付けて派遣することが役割。

 同センターを立ち上げる災害ボランティアネットワークは各区で順次発足しており、港南区では2011年2月に設立。現在は48人がメンバーに登録し、毎月定例会を行っている。

 災害時ボランティア派遣訓練は12年から年に1度行っており、今回が3回目。当日はネットワークのメンバー17人と、ボランティア役の市民10人が参加した。

 ボランティア派遣には現地の被災状況の調査など情報収集がまず必要となるため、センターの立ち上げは被災して数日後となる見込みで、今回の訓練も災害発生時から3日目の想定だ。

 センターに見立てた会場には受付から始まり、ボランティアを依頼する被災地域からの情報=写真下=や区内の地図の掲示、トランシーバーなど活動に必要な物資の提供や活動報告の窓口が設けられた。ボランティア役の参加者は質問もしながら、メンバーの話を興味深く聞いていた。

 参加したボランティア役の女性は「区内には高齢者も多いので、訓練はとても有意義。練習していれば実際のときに役立つ」と話していた。また、メンバーの女性は「回数を重ねることで、毎回勉強になる」と訓練の必要性を強調した。

情報入手に課題

 災害時、より円滑にボランティアの情報を拾い集めるには各関係機関の連携強化も必要だ。同ネットワークの事務局となる区社協の担当者は「ボランティアを募集する被災現場からの情報は、すべて災害対策本部(区役所)に集められてからセンターに届けられるが、なかなか機関同士の話し合いができていないのが現状。実際の災害時はどう連携するか、今後協議していくことが必要」と話していた。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

小中学生将棋で全国へ

小菅ケ谷小佐々木君

小中学生将棋で全国へ 文化

関東ブロック代表に

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

存続の危機にも地道に

横浜栄高鉄研同好会

存続の危機にも地道に 教育

ツイッターなどで発信続け

10月15日号

規制緩和で移動販売実現

市営野庭住宅

規制緩和で移動販売実現 社会

「空き駐車場」を有効活用

10月15日号

自治会50周年を祝い

県営日野団地

自治会50周年を祝い 社会

高齢化でも「前向きに」

10月8日号

コロナ禍の災害に備え

湘南桂台自治会

コロナ禍の災害に備え コミュニティ社会

感染者の誘導など確認

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク