港南区・栄区版 掲載号:2014年3月13日号 エリアトップへ

消防署と「極楽湯」がタッグ 災害時に備え 覚書締結

社会

掲載号:2014年3月13日号

  • LINE
  • hatena

 港南消防署(松田康博署長)は大規模地震災害の発生時などにスーパー銭湯「極楽湯横浜芹が谷店」にあるお湯や水を消火用水として使用するための「覚書」を、同店と2月20日に締結した。入浴施設との同様の協力体制は、横浜市内でも初めて。

 一般的な防火水槽の容量が約40㎥であるのに対し、同店には浴槽に82・5㎥、温泉処理水槽に38㎥、貯水槽に155㎥の計275・5㎥の温泉水がある。港南署が非常時に活用したいと打診すると、同店は快諾。利用できるかについても、昨年11月の検証訓練で確認している。

 この日は、同店を運営する(株)極楽湯の高野透取締役専務執行役員、松田署長のほか、港南消防団の大津政美団長、永谷連合町内会の遠藤良一会長らが立ち会い、締結式を実施。高野取締役は「災害を乗り越えるには、行政、民間企業、地域の連携が必要。いざというときに地域に役立てる調印ができたことを嬉しく思う」とあいさつしていた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

季節の植物を楽しんで

栄区

季節の植物を楽しんで 文化

あすからオープンガーデン

5月13日号

手作りバラ園、満開

日野中央公園

手作りバラ園、満開 文化

5月13日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

地元の風景「ウェブ会議に」

港南区

地元の風景「ウェブ会議に」 社会

バーチャル背景を配布

5月13日号

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter