港南区・栄区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

「大岡川を昔のように」 清掃続ける山野井さん

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
大岡川への思いを語る山野井さん
大岡川への思いを語る山野井さん

 2月6日、神奈川県横浜川崎治水事務所から大岡川クリーンアップ実行委員会(山野井正郎委員長)に対し、大岡川での奉仕活動と地域の活力向上、魅力づくりに尽くしたとして感謝状が贈られた。

 実行委員会は5月と11月に大岡川の清掃活動を実施している。行政や地域住民、地域活動団体など1200人以上が参加するなど、川掃除の規模として区内でも最大規模だ。

 山野井さんは実行委員会と別団体の「大岡川の再生をすすめる会」の会長としても7月と9月に川掃除を実施。主催団体は違えども年に4回、川掃除を続けている。原点は幼少時の記憶だ。きれいで釣りを楽しんだ大岡川を取り戻したい、と強く願う。

 山野井さんが川掃除に関わるようになったのは30年以上前、上大岡の再開発を検討する協議会が街づくりの一環として始めたのがきっかけだった。山野井さんは「当時はどぶ川だった」と振り返るが、長い年月をかけ、「あゆも戻ってきた」と幼少時と同じ、きれいな川へと戻りつつある。

 川掃除には子どもの参加も多く、「自分たちで川をきれいにすることで、ゴミを捨てないなど、川に対するマナーを学んでくれている」と手応えも。今後は「子どもたちと一緒にあゆの稚魚を放流してみたい」と語るなど、大岡川の再生に向けて取り組み続けている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

個性豊かな書作品一堂に

個性豊かな書作品一堂に 文化

栄区書道展

10月29日号

緒形拳さんの活躍一堂に

横浜市歴史博物館

緒形拳さんの活躍一堂に 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月29日号

詐欺被害阻止で感謝状

栄警察

詐欺被害阻止で感謝状 社会

郵便局とコンビニに

10月29日号

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月29日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月29日号

世界の消防グッズを展示

栄消防署

世界の消防グッズを展示 文化

あーすぷらざで11月14〜15日

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク