港南区・栄区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

港南台地域ケアプラザ 区内初施設として20周年 各種記念事業も実施

社会

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena
20周年を迎えた港南台地域ケアプラザ
20周年を迎えた港南台地域ケアプラザ

 横浜市港南台地域ケアプラザ(鶴岡悦子所長/港南台3の3の1)が1994年11月の施設開所から20周年を迎えた。横浜市内で18番目、港南区内では初となる施設だった。

 地域ケアプラザは介護・福祉・健康・医療などの総合窓口として、介護保険法の定める「地域包括支援センター」機能を持つほか、地域住民による福祉保健活動の交流拠点としての役割を担っている。横浜市独自のもので、市内132カ所の地域に設置されている。

 港南台地域ケアプラザも、地域住民の交流拠点として活動の場を提供し、各種講座やイベントを企画して地域の仲間づくりの場を担っている。また、デイサービスや居宅介護支援にも取り組んでいる。

 港南台地域ケアプラザは、前身の「在宅支援サービスセンター」として1994年に開所し、翌年に現在の名称に変更。ケアプラザの運営は市から指定管理者に任されており、港南台地域ケアプラザは隣接する横浜市南部病院を運営する(社福)恩賜財団済生会支部神奈川県済生会が受託。保健師、介護福祉士、主任ケアマネジャーなど専門職の職員をはじめ、44人のスタッフが在籍している。

認知度に課題も

 開所から20年を経過するが、鶴岡所長は「未だにどこにあるのか知らない人もいる。もっと足を運んでもらい、どう利用できる施設なのか少しでも知ってもらえるようにしていきたい」と課題を口にする。また高齢化も進む中、「地域での繋がりが薄い人はSOSを発するのも難しい。民生委員とも連携して支援していきたい」と話していた。

29日、30日にイベント

 20周年を記念して、同ケアプラザでは11月29日(土)、30日(日)にも各種イベントを開催。29日にはハンドベル演奏や港南台第一中PTAによる合唱が披露されるほか、30日には小学生向けにアニメ漫才師「アキラボーイ」さんのパフォーマンスも。詳細は、同ケアプラザ【電話】045・834・3141まで。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

災害時の代替施設確保

港南警察

災害時の代替施設確保 社会

かながわ信金と協定締結

4月15日号

港南・栄は自然減続く

国勢調査結果

港南・栄は自然減続く 社会

市人口は過去最多378万人

4月15日号

地元商店街を動画で紹介

港南台・本郷台

地元商店街を動画で紹介 経済

コロナ禍でも「お店知って」

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

区民活動の拠点新たに

港南区

区民活動の拠点新たに 文化

旧区役所跡地に移転

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter