港南区・栄区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

5月31日に「講演と音楽の集い」を港南公会堂で開催する 船木久生(ひさお)さん 芹が谷在住 82歳

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

燦々と輝く生涯現役の道

 ○…「世のため、人のためになることをしたい」と自ら立ち上げた地域活動団体「燦輝会(さんきかい)」。同団体が主催する講演と音楽の集いを5月31日に控える。今回で3回目となるが、「対象は老若男女問わないが、できればシルバー世代が家にこもらず、外に出るきっかけになれば」と思いを語る。

 ○…旧満州国遼陽(りょうよう)に生まれ、瀋陽(しんよう)で育つ。終戦は疎開先の平壌で迎えた。家にあったものを売りさばき、食費の足しにするなど、貧しかった戦後の混乱期を振り返る。横須賀に居を移してからは仕事をしながら高校に通い、学費を稼いだ後に日本大学へ進学。卒業後はサラリーマンとして働きながら、46歳の時に港南区から市会議員選挙へ立候補。惜しくも落選するが、その後は芹が谷中学校の保護者会(現PTA)の会長を皮切りに、芹が谷団地自治会の会長を長く務めたほか、下永谷地区と芹が谷地区の社会福祉協議会で会長を歴任。「自分が役に立てるなら」と多分野で活動を続けてきた。根本にあるのは貧乏だった満州での生活。助け合いの気持ちや社会奉仕への思いは人一倍強い。

 ○…詐欺や殺人など、恐ろしい犯罪の多発に心を痛める。道徳を重んじ、「日本の社会を良くしたい」と2014年には行動規範を記した「修養いろはカルタ」を制作したことも。大切にしている言葉は「忠恕(ちゅうじょ)」。自分の良心に忠実であり続ける事と他人に対する思いやりが深い事という意味だ。

 ○…今までにいくつか大きな病気もし、網膜剥離で右目の視力も失った。それでも、結婚して今年55年を迎える妻と社交ダンスに通い、タンゴやクラシックのコンサートにも足を運ぶなど意気軒昂の日々だ。もしかしたら、と前置きして「大きなイベントはそろそろ難しいかもしれない」と打ち明けながら、「小さなイベントの計画は頭にあるんだ」。健康長寿の社会を目指し、燦々と輝く会にしたいと名づけた燦輝会の名の通り、生涯現役で走り続ける。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 80歳

3月26日号

杉山 静枝さん

港南区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

杉山 静枝さん

日野南在住 72歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

坂巻 貴彦さん

プロピアニストとして国内外で演奏活動を行う

坂巻 貴彦さん

上大岡出身 28歳

2月27日号

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク