港南区・栄区版 掲載号:2015年6月18日号 エリアトップへ

(PR)

石井誠弁護士が答える 元気の出る法律相談(58) 「簡易裁判所の少額訴訟」

掲載号:2015年6月18日号

  • LINE
  • hatena

 Q、少額訴訟について教えて下さい。

 A、少額訴訟は、60万円以下の金銭の支払を求める場合に限って認められる特別な民事訴訟手続です。相手の住所地を管轄する簡易裁判所に訴訟を提起して行います。

 この手続の最大の特徴は、原則として、1回の期日だけで審理を終えて直ちに判決がなされることです。通常の民事訴訟は判決までに長期間を要するものですが、少額訴訟はたった1回の審理で即時に解決することを目指しています。

 証拠書類を提出したり、証人を立てることなども可能ですが、1回の審理ですべてを終わらせるので、裁判の当日にその場で調べられるものでなければなりません。迅速に解決はできますが、言い分や証拠を1回ですべて出し尽くす必要があるので、注意が必要です。

 なお判決だけではなく、和解(話し合いによる解決)も可能です。判決や和解には大きな効力があり、これにより強制執行ができます。

 テレビドラマなどでよく見る法廷ではなく、「ラウンド法廷」といって、丸いテーブルに裁判官と原告と被告が着席して審理がなされます。

 法律に関することは、法律のプロである弁護士にお気軽にご相談下さい。

上大岡法律事務所

港南区上大岡西1‐6‐1 ゆめおおおかオフィスタワー22階

TEL:045-840-2444

http://www.kamiookalaw.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

編集協力:横浜市健康福祉局健康安全課

5月13日号

安心して塗り替えるため相見積もりで確認を

外壁塗装

安心して塗り替えるため相見積もりで確認を

日野中央 フレッシュサービス

5月13日号

「遠くが見えない」は近視の合図

人生100年時代の子どもたちへ

「遠くが見えない」は近視の合図

取材協力/かめざわ眼科

5月7日号

相続対策・遺言・空き家活用 個別相談会

税理士・三菱UFJ信託銀行が相続の不安や心配を解決 参加無料

相続対策・遺言・空き家活用 個別相談会

5月23日・24日 ウィリング横浜

5月7日号

イスの張替えはお任せ

イスの張替えはお任せ

家具修理専門「家具のサイトウ」

5月7日号

駅徒歩3分の好立地

東戸塚西口

駅徒歩3分の好立地

ケアハウスゆうあい

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter