港南区・栄区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

「地元野菜のおいしさ知って」 栄区が食育リーフレット

教育

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

 生産者の顔が見える地産地消を――。地元の野菜のおいしさを伝えようと、栄区役所がこのほど、食育リーフレット「さかえの野菜を知って・食べて・元気に!」を作成し、区内の小学生に配布した。区内で栽培されている野菜を紹介し、顔写真付きで生産者を掲載している。

 リーフレットは小学校の授業で活用できるように「栄区内小学校 学校食育研究会」と「栄区内小学校 栄養教諭・学校栄養職員研究会」のメンバーが検討を重ね、区内の農家と農協直売所の協力を得て作成した。栄区役所が小学生向けの食育リーフレットを作成するのは初めて。「まち探検」の授業で活用してもらおうと、3年生を対象に8000部作成した。

 A3を二つ折りにしたA4サイズ。区内でつくられている代表的な野菜24種類を季節ごとに分類し、切り口の断面や花と野菜を結びつけるクイズも掲載している。見開きの中面で掲載しているのは、農地や直売所のマップと生産者の顔写真。苦手な野菜も残さず食べてもらおうと、料理研究家の枝元なほみさんがこの企画のために考案した 「にんじんとたけのこ・甘辛ぶた肉のおにぎらず」のレシピも紹介している。

 先月23日には取組の一環として、栄区内の小学校の給食で栄区産の大根を使った「けんちん汁」が提供された。上郷小学校では小山内いづ美区長が訪問し、児童たちと一緒に味わった。

 マップで紹介された高橋幸信さんは小学校の給食に野菜を納入し、授業にも協力しているという。「食育に取り組んできてよかった。生産者の顔が見えると、子どもたちは苦手な野菜でも残さず食べるようになる。これからも安全でおいしい野菜を作っていきたい」と話していた。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

小中学生将棋で全国へ

小菅ケ谷小佐々木君

小中学生将棋で全国へ 文化

関東ブロック代表に

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

存続の危機にも地道に

横浜栄高鉄研同好会

存続の危機にも地道に 教育

ツイッターなどで発信続け

10月15日号

規制緩和で移動販売実現

市営野庭住宅

規制緩和で移動販売実現 社会

「空き駐車場」を有効活用

10月15日号

自治会50周年を祝い

県営日野団地

自治会50周年を祝い 社会

高齢化でも「前向きに」

10月8日号

コロナ禍の災害に備え

湘南桂台自治会

コロナ禍の災害に備え コミュニティ社会

感染者の誘導など確認

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク