港南区・栄区版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

南高附中 加藤舞さん 国際平和スピーチで市長賞 資金を集めて教育支援

社会

港南区代表として選抜された加藤さん
港南区代表として選抜された加藤さん

 南高校附属中学校3年の加藤舞さんが先月25日、「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」で市長賞を受賞した。現在、バングラデシュの子どもたちに数字の概念を伝える教材「数字表」を届けるため、クラウドファンディングを立ち上げて活動している。

 加藤さんは昨年10月、母の三奈さんからボランティア団体「ESAアジア教育支援の会」を知り、ボランティア活動に興味を持ち始めた。その後、同団体が作成している「数字表」に出会い、教育の大切さを感じたという。「物資を送るだけじゃなく、教育の支援もあれば平和につながるかもしれない」と話した。

 コンテストでは港南区の代表として選抜され、「同団体に所属してから平和について考えるだけじゃなく、実際に行動することが大切だと感じました」と自分の活動に対しての思いを述べたという。

 今後はより多くの人に活動を知ってもらいたいと話す。「この活動に少しでも共感してくれたら、周りの人に伝えてほしい」とメッセージを送った。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク