港南区・栄区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

「頑張ればチャンスある」 「元気配達人」のパンチ佐藤さん

文化

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena
軽妙な語り口で楽しませたパンチ佐藤さん
軽妙な語り口で楽しませたパンチ佐藤さん

 元プロ野球選手のパンチ佐藤さんが12日、栄区のあーすぷらざで講演した。現在は「元気配達人」という肩書でテレビやラジオで活動し、地域活性化に取り組んでいる。プロ野球界の話を交えながら、野球から学んだ生き方について語った。

 主催したのは市民団体「さかえYOKOHAMAフォーラム」(輿石稔代表)。「みんなが元気になる街を一緒に作りましょう」と呼び掛け、パンチ佐藤さんを講師に招いた。

 テレビやラジオのグルメレポーターなど全国各地の魅力を伝える活動をしているパンチ佐藤さん。自らを「『元気をもらえた』と言ってもらえる活動をしている元気配達人」と自己紹介。「野球をやっていてよかった。我慢すること、努力が報われること、先を考えることの大切さ。野球が色々なことを教えてくれた」と語り、会場の中学生に「ユニホームを着たらガッツマンになることを大切にしてきた。エラーしても三振してもいいから胸を張ってやることが大切」「真面目に頑張っていれば必ずチャンスがやってくる」と説いた。

 プロ野球界のこぼれ話も紹介。自らのドラフトの裏話や伊良部投手との対戦秘話、星野監督の人心掌握術を芝居仕立てにジョークを交え、落語家さながらの軽妙な口調で披露した。約45分間の講演中は終始観客の笑い声が響いていた。

 またパンチ佐藤さんは、会の発起人の輿石且子市議や市立横浜商業野球部の元監督で数々の野球選手を育ててきた菅野敦史さんらを交えたトークセッションにも参加。観客の質問に気さくに答えた。

 本紙のインタビューに応じたパンチ佐藤さんは「旅番組やグルメ番組で全国を回るようになって、元気な大人がいるところに元気な子どもたちがいるという法則があることがわかった。みんなが自分の町に誇りを持ってはつらつと生きていくことが大切」と話した。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

出前授業で競り体験

出前授業で競り体験 教育

下野庭小学校の5年生

9月12日号

栄区に移転して10周年

埋文センター

栄区に移転して10周年 文化

記念品を限定配布中

9月12日号

ハマの市場を楽しもう

ハマの市場を楽しもう 社会

中央卸売市場を一般開放

9月12日号

「社員第一主義」説く

さくら住宅二宮社長

「社員第一主義」説く 経済

ミャンマーの経営者が研修

9月12日号

吉良氏の足跡たどる

吉良氏の足跡たどる 文化

歴史研究会が千葉ツアー

9月12日号

「ヴェネチア室内合奏団」公演

「ヴェネチア室内合奏団」公演 文化

本紙読者25組50人を招待

9月12日号

港南台でキャンドルナイト

港南台でキャンドルナイト 文化

中央公園で14日

9月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク