港南区・栄区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

ヘンデル室内合唱団の代表を務め、4月30日にリリスで演奏会を行う 近藤 紘士さん 栄区上之町在住 75歳

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena

歌声に気持ちと青春のせて

 ○…栄区民などで構成する「ヘンデル室内合唱団」の団長を務める。宗教音楽であるメサイアやミサ曲を中心に月に2度練習をしており、13人の団員をまとめる。曲の完成度を高めるため、音程を合わせることにも気を配る。4月30日には団設立20周年を記念した演奏会も予定されている。合唱曲は「身近な音楽ではないかも知れないが、幻想的な音楽の世界を楽しんでほしい」と練習に励む。

 ○…金沢区出身。大学入学後にクラブ活動として合唱を始め、声を出す楽しさや宗教音楽の幻想的な雰囲気に魅了された。卒業後には職場の合唱団に参加。転勤などもありメンバーが集まらない時もあり、思うような合唱ができないことも多かったが、合唱への情熱は冷めずに抱きつづけた。

 ○…1986年に戸塚区から栄区が分区した時、記念の第九コンサートに参加した。「参加の声がかかり、プロの声楽家を交えた20年越しの本格的な合唱に火が付いた」と練習に励んだ。その翌年には栄区民合唱団を設立。仕事と両立をしながら、初代団長を務めた。設立時にはレベルの高い合唱団にしようとオーディションなどを実施したが、未経験者には入団のハードルが高くなり、入団希望者が少なくなった時期もあった。「レベルを上げても人がいなければ合唱はできない。未経験の人でも合唱に興味がある人が入団してくれたら」

 ○…合唱の傍ら、妻から誘われて水彩画やウォーキング、太極拳などを一緒に楽しんでおり多趣味。ウォーキングの会の副代表も務め、参加者が楽しめるコース設定も行う。「妻とは来年金婚式を迎える。今後も高齢化社会のなかで健康に過ごし、趣味を楽しみ続けたい」と笑う。合唱も趣味も青春の気持ちを忘れずに楽しみ続けていく。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

丸塚 裕紹さん

このほど港南区獣医師会の会長に就任した

丸塚 裕紹さん

港南台在住 67歳

8月8日号

渡邉 一郎さん

6月20日付けで(公社)横浜南法人会の会長に就任した

渡邉 一郎さん

中区在住 61歳

7月25日号

須田 次朗さん

港南地区保護司会会長に就任した

須田 次朗さん

野庭町在住 71歳

7月18日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月11日号

中本 道生さん

永谷の昔を伝える「永谷ふるさと村」の事務局長を務める

中本 道生さん

上永谷在住 71歳

7月4日号

苗村 光彦さん

日野の郷土史「わがまち 横浜の日野」を自費出版した

苗村 光彦さん

日野南在住 79歳

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク