港南区・栄区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

市会議員 たのい 一雄 市政報告 がん議連会長に再任撲滅推進へ決意新たに

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
チャリティイベントにも参加し、早期発見・早期治療の啓発に取り組んでいます
チャリティイベントにも参加し、早期発見・早期治療の啓発に取り組んでいます

 日本では2人に1人が生涯でがんになるといわれています。高齢化とともに罹患率が増加し、身近な問題として捉えられるようになりました。

 横浜市は2014年に「がん撲滅対策推進条例」を施行し、様々な取組や事業を進めています。私は「がん撲滅横浜市会議員連盟(がん議連)」の会長として、この条例制定を議員提案しました。このほど開かれたがん議連の総会で会長に再任され、がん対策への決意を新たにしたところです。

検診受診率アップへ

 「人生100年時代」といわれる中、健康寿命の延伸のためにもがん対策は自治体の喫緊の課題です。横浜市ではこれまで、▽がん予防の推進▽がんの早期発見の推進▽医療の充実▽患者と家族への支援▽緩和ケアの充実▽がん研究の推進――などに取り組み、特定の年齢の市民を対象に胃・肺・大腸・子宮・乳、前立腺のがん検診を行っています。

 がん対策は何よりも「早期発見」「早期治療」が重要です。それでもなお、横浜市民のがん検診の受診率は高いとはいえません。統計をみると、横浜市民の子宮がん、乳がん、大腸がん、肺がんの検診受診率は全国平均を上回っているものの、胃がんは5・5%で全国平均の8・6%を下回っています。港南区は大腸がんと肺がんの検診受診率は市平均を上回っているもの、乳がんと子宮がんは市平均を下回っています。

 横浜市では今年4月から、大腸がんの検診を無料化しました。大腸がん検診は2011年度から5年間、国から無料クーポンが配布され無料でしたが、クーポンが廃止された16年度から受診者が減少しました。こうした事態を受け、市独自の事業として無料化を導入しました。

 がん対策の推進、そして患者と家族への支援は私の使命だと考えています。これからもしっかりと議会で議論し、施策づくりと事業の予算化に取り組みます。

田野井 一雄

上大岡西1-10-5 SKビル402

TEL:045-841-3221
FAX:045-843-5024

http://seijinomura.townnews.co.jp/profile.html?aid=307

7/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

ラグビー効果絶大、横浜の魅力発信次なるビッグプロジェクトに期待

寛容で多様性ある社会実現へ一歩

3期目議員による市政報告 96

寛容で多様性ある社会実現へ一歩

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

9月26日号

市長、IR誘致を表明大プロジェクトの実現へ

市会議員 たのい 一雄 市政報告

市長、IR誘致を表明大プロジェクトの実現へ

9月19日号

IRも中学校昼食も「市民の声を」

市政報告

IRも中学校昼食も「市民の声を」

横浜市会議員 かじお あきら

9月12日号

横浜にカジノは必要?意見交換会開催します

市政報告

横浜にカジノは必要?意見交換会開催します

横浜市会議員 長谷川えつこ

9月5日号

学力調査の結果、施策に反映へ

3期目議員による市政報告 95

学力調査の結果、施策に反映へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

8月29日号

横浜型ハーバーリゾートIR誘致へ大きな動き

市会議員 たのい 一雄 市政報告

横浜型ハーバーリゾートIR誘致へ大きな動き

8月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク