港南区・栄区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

「真夏の熱中症予防を」 港南・栄消防署が呼びかけ

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena

 7月、8月と暑さが厳しくなるにあたり、港南消防署、栄消防署では予防対策と発症時の対策について注意を呼びかけている。港南区・栄区の搬送件数は市内の中でも少ないが、横浜市内で今年5月に熱中症で救急搬送された件数が、昨年同時期と比べて2倍以上になったという。

 昨年度の横浜市全体における、熱中症による救急搬送者数は1711人。過去3年間増え続けており、昨年度は港南区では62人、栄区では53人が搬送されている。

 発生場所は、屋外だけでなく、屋内でも多く発生しており、搬送者の約5割を高齢者が占めている。高齢者は体温を下げるための体の反応が弱くなるため、自覚症状がないまま熱中症になる危険性が高いという。

水分補給「こまめに」

 消防署の担当者は予防のポイントとして「こまめな水分、塩分補給と室内の温度を28度を目安に適度に扇風機やエアコンを使う必要がある」と話す。また、エアコンの効いた室内では、汗をかいていなくても体の水分を失うことから喉が渇いていなくても水分を補給することが大切だという。

 熱中症になるとめまいや頭痛、筋肉のけいれんが起き、重症化すると体のひきつけやまっすぐ歩けなくなるなどの症状が出る。そのような症状がでた場合はすぐに涼しい場所に移動させ、体を冷やしたり、水分、塩分の補給が必要。港南消防署職員は「意識がない、呼びかけに反応しない場合はすぐに救急車を要請し、医療機関の受診が必要」と話す。

 港南消防署では「7月以降に患者が急増する傾向がある。高齢者や幼児には特に注意が必要」と話している。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

バスの魅力を映像で

市交通局

バスの魅力を映像で 社会

10月20日まで作品募集

9月16日号

子育て応援しませんか

子育て応援しませんか 社会

サポートシステム説明会

9月16日号

利用促進で飲食店支援

市補正予算案

利用促進で飲食店支援 経済

消費者に5%分還元

9月16日号

科学の楽しさ子どもに

科学の楽しさ子どもに 教育

NPOがスタッフ募集

9月16日号

「鳥型ロボット」とマジック

「鳥型ロボット」とマジック 文化

ニューグランドで初披露

9月16日号

選挙活動 SNSも主戦場

新市長誕生 〈下〉

選挙活動 SNSも主戦場 政治

コロナ禍、街頭演説難しく

9月16日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook