港南区・栄区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

「真夏の熱中症予防を」 港南・栄消防署が呼びかけ

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena

 7月、8月と暑さが厳しくなるにあたり、港南消防署、栄消防署では予防対策と発症時の対策について注意を呼びかけている。港南区・栄区の搬送件数は市内の中でも少ないが、横浜市内で今年5月に熱中症で救急搬送された件数が、昨年同時期と比べて2倍以上になったという。

 昨年度の横浜市全体における、熱中症による救急搬送者数は1711人。過去3年間増え続けており、昨年度は港南区では62人、栄区では53人が搬送されている。

 発生場所は、屋外だけでなく、屋内でも多く発生しており、搬送者の約5割を高齢者が占めている。高齢者は体温を下げるための体の反応が弱くなるため、自覚症状がないまま熱中症になる危険性が高いという。

水分補給「こまめに」

 消防署の担当者は予防のポイントとして「こまめな水分、塩分補給と室内の温度を28度を目安に適度に扇風機やエアコンを使う必要がある」と話す。また、エアコンの効いた室内では、汗をかいていなくても体の水分を失うことから喉が渇いていなくても水分を補給することが大切だという。

 熱中症になるとめまいや頭痛、筋肉のけいれんが起き、重症化すると体のひきつけやまっすぐ歩けなくなるなどの症状が出る。そのような症状がでた場合はすぐに涼しい場所に移動させ、体を冷やしたり、水分、塩分の補給が必要。港南消防署職員は「意識がない、呼びかけに反応しない場合はすぐに救急車を要請し、医療機関の受診が必要」と話す。

 港南消防署では「7月以降に患者が急増する傾向がある。高齢者や幼児には特に注意が必要」と話している。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

所属委員会決まる

【Web限定記事】横浜市会

所属委員会決まる 政治

5月28日号

文化芸術活動に給付金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術活動に給付金 文化

上限30万円、きょうから申請

5月28日号

モザイクアートで大型フラッグ

【Web限定記事】DeNA

モザイクアートで大型フラッグ スポーツ

ファンの応援写真を募集

5月28日号

市が商店街活動を支援

【Web限定記事】

市が商店街活動を支援 経済

コロナ対策で一時金交付

5月28日号

18日から営業拡大

【Web限定記事】港南台タカシマヤ

18日から営業拡大 経済

生活必需品を中心に

5月21日号

栄区が運営方針を発表

【Web限定記事】

栄区が運営方針を発表 社会

本郷台駅周辺のまちづくりなど

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク