港南区・栄区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

マスク、状況に応じ着脱を 熱中症対策で市消防局呼びかけ

社会

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 6月に入ってからの横浜市内の気温は連日25度以上で、梅雨のジメジメと重なり蒸し暑い日が続く。例年、急に気温が上昇すると体が暑さに慣れておらず、熱中症が疑われる症状で救急搬送される人が多くなる。

 横浜市消防局は5月から暑さに備えた体作りなどを呼びかけ、注意を促している。

 5月1日から6月12日までの横浜市内の熱中症の救急搬送は63件。「件数はまだ落ち着いているが、暑さはこれからが本番。十分に予防を心がけてほしい」と市消防局の担当者は話す。

マスク着用の作業員救急搬送の実例も

 今年、懸念されるのが、感染症対策と熱中症対策の両立だ。市内では、マスクを着用したまま屋外で仕事をしていた30代の男性が熱中症で救急搬送されたケースも報告されている。

 厚生労働省は「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」として、「適宜マスクをはずす」ことを推奨している。「屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合はマスクをはずす」「マスク着用時には、負荷のかかる作業や運動は避ける」などの指針を示している。

 マスクを着けているとマスク内の温度と湿度が上昇する上、のどの渇きにも気付きにくく、意識的に「こまめな水分補給」が必要とされている。またエアコンを利用時も、室内の換気を推奨している。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

五輪へ動画で盛り上げ

五輪へ動画で盛り上げ スポーツ

中澤佑二さんら出演

11月19日号

全館、動物で賑わい

京急百貨店

全館、動物で賑わい 文化

きょうからXマス企画

11月19日号

イチョウ色づき始める

イチョウ色づき始める 社会

富士山と共演も

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月19日号

ウェブで写真展

横浜市

ウェブで写真展 文化

姉妹都市街並み

11月19日号

世界の消防用具ずらり

栄消防署

世界の消防用具ずらり 社会

秋の火災予防運動で

11月19日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク