港南区・栄区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

貞昌院 高低差解消に「モノレール」 誰でも気軽にお墓参り

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
亀野住職と新設されたモノレール(頂上にあるのが車両)
亀野住職と新設されたモノレール(頂上にあるのが車両)

 港南区の禅寺「貞昌院」(亀野哲也住職/上永谷5の1の3)の敷地内にこのほどモノレールが敷設され、6日から運用を開始した。坂の上にある墓地への参詣手段として設置したもので「どなたも気軽にお参りができるようにと整備しました」と亀野住職は話す。

 貞昌院が敷設したのは4人乗りの墓参専用モノレール「まいれ〜る」。跨座式のモノレールで、一般的なエレベーターと同様の簡単なボタン操作で利用でき、1分ほどで

約28mのレールを昇降するという。定員は4人で、夜間や荒天時は運行を停止する。

 亀野住職によると、高台にある墓地への墓参りについては以前から檀家から相談を受けていたという。勾配は27度あり、「坂の途中に駐車場があるが、そこからも階段を昇る必要があり、そもそも車でない場合は急な階段を上らないとお墓を参れなかった」といい、バリアフリー化の方法について検討を重ねてきた。

 そんな中で昨年、モノレールによって高低差を解消することに決めた。新型コロナの影響で当初予定より遅れたものの、今年6月から工事を開始し、このほど完成した。

 車体は木々の緑と合う青色で、かつてのJR横須賀線をイメージした色合いを選定したという。近隣に住む檀家の寺沢澄夫さん(72歳)は「ここのお墓は見晴らしが良いぶん、坂がなかなかきびしい。これで高齢者も安心してお墓参りができるはず」と話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

読書活動推進へ新目標

栄区

読書活動推進へ新目標 文化

10月1日から区民意見募集

9月24日号

菅氏、新首相に

菅氏、新首相に 政治

横浜から初の総理大臣

9月24日号

フェイスサーモを導入

栄区3地区センター

フェイスサーモを導入 社会

入館者の検温スムーズに

9月17日号

所有者の責務を義務化

空き家対策

所有者の責務を義務化 社会

市が条例案骨子を発表

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

高低差解消に「モノレール」

貞昌院

高低差解消に「モノレール」 社会

誰でも気軽にお墓参り

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク