港南区・栄区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

笹下中 ルワンダからネットで講演 支援続ける義肢装具士

教育

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
各教室のモニターに真美さんとの質疑も映し出された
各教室のモニターに真美さんとの質疑も映し出された

 港南区の笹下中学校(山岸隆夫校長)で3月23日、アフリカのルワンダで義肢支援を続けるルダシングワ真美さんのオンラインでの講演会が開かれた。

 講演会は当初、1年前に同校で開かれる予定だったが、新型コロナの影響で中止となっていた。このほどインターネットを活用したオンライン講演会が実現し、講師と代表生徒とのやりとりを全校生徒約400人が各教室で見守った。

「やりたいならまず行動」

 茅ヶ崎市出身の真美さんは1989年、ケニア留学時にのちに夫となるルワンダ人のガテラ・エマニュエルさんと出会った。ガテラさんのためにと、帰国後の92年から戸塚区内の義肢製作所で技術を身につけ、ルワンダに渡ったという。真美さんはルワンダ政府と交渉し、義肢製作所のための土地の使用を許されたが、レンガを使った手作業での製作所づくりから始めたという。

 その後、真美さんは活動を広げていき、現地の人にも技術を伝えながら1万人以上に義肢を無償提供してきたといい、講演会では活動のきっかけからこれまでの経緯について語った。

 生徒から「どうしたら自分のやることに自信がもてるか」と質問を受けた真美さんは「いつだってこれでいいのか、自分でいいのかと迷うことはある。けれど、やりたいことはまずやってみるべき。だめなら違うことをするか、それでも意地を張って頑張ってみるか」と答えた。

 笹下中の代表生徒は「人の役に立ちたいという思いだけで、行動してきた真美さんの気持ちの強さや、国を越えて難しい状況でも人と力を合わせて成し遂げてきたのがすごいことだと思う」と感想を話した。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

季節の植物を楽しんで

栄区

季節の植物を楽しんで 文化

あすからオープンガーデン

5月13日号

手作りバラ園、満開

日野中央公園

手作りバラ園、満開 文化

5月13日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

地元の風景「ウェブ会議に」

港南区

地元の風景「ウェブ会議に」 社会

バーチャル背景を配布

5月13日号

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月13日号

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter