港南区・栄区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

(PR)

株式会社 石半(いしはん) 墓石やお墓工事で横浜市内最多の実績【市内老舗の企業レポート】

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena

「親切・丁寧・安心」のまごころ込めたお墓づくり

 戸塚区東戸塚入り口の国道1号線沿い、県内最大規模の展示場を持つ老舗石材店「(株)石半」。市内石材店の中で工事件数がトップという同社は、来年で創業90年の節目を迎える。3代目の縄嶋周治氏は「故人をしのぶ大切な場がお墓。お客様の供養の心をお手伝いできるよう、今後も創業以来の『目の前の仕事を丁寧に』を続けていきたいです」と語る。

 (株)石半は創業者の縄嶋半治氏の手により1932年に誕生した。鎌倉で石工職人として修業を積み、生まれ育った現在の地で独立した形となる。以来、戸塚区・港南区・栄区を中心に石工事を請け負ってきた。

 その後、58年に法人化を果たし、2代目である召治氏の手によって企業として大きく飛躍。周辺寺院や地域住民の支持を受けることで、県内でも屈指の石材店としての地位を築き上げる。

 そうした中で重要視したのは、「アフター」と呼ばれる墓の修理や点検などを行う作業だ。一般的な石材店だと新規の墓石工事に注力することが多いが、同社では逆にこうした「建てた後のお墓の悩み」に徹底的に向き合ってきた。周治氏は「ただ実直に、目の前の仕事を丁寧に行ってきたんです」と説明する。

 こうした地道な事業が実を結び、横浜港湾労働者慰霊碑、開港150周年記念碑など多くの記念碑関連の工事を任されるように。近年では帆船日本丸の上皇上皇后の行幸記念碑も手掛けている。

高品質の墓石をより安価に提供

 一方で創業以来の「まごころを込めたお墓づくり」という姿勢は変わらない。顧客の支持を集め、市内の工事実績数が最多になるなど名実ともにナンバー1の座へ。結果的に石の仕入れ値を抑えることにも繋がり、より良い墓石を安価に提供できているという。

 また、社会的に海外製の品物が主流の中、同社では国産材を多く扱い、品質に絶対の自信を持つ。とくに真鶴の本小松石、香川県産の庵治石などが好評で他社にはない取引先との強固なパイプをもつからこそだ。

顧客の悩みに寄り添い続ける

 近年話題の樹木葬や永代供養墓、このコロナ禍の影響で廃業する石材店が出るなど、厳しい局面が続く墓石業界。しかし同社では商圏外の顧客からの依頼が続くなど、明るい話題もあるという。「新しい葬送が普及した半面、最近は『遺骨を納めるため』ということではなく、『心の拠り所としてのお墓をちゃんと持ちたい』という方が大勢いることを実感しました」と周治氏。

 市内で墓を探している人には、地元の業者ならではの優良な情報が必要だ。同社では田舎の墓を近場に移転改葬を希望する要望や、墓じまい、雑草などで維持管理に悩む人からの相談等が相次いでいるという。「今後もお墓を通して地元の皆様の役に立てるよう、お客様の困りごとを解消するお手伝いをさせていただければと思っています。お気軽にご相談下さい」

3代目の縄嶋周治氏
3代目の縄嶋周治氏

株式会社 石半

神奈川県横浜市戸塚区品濃町3

TEL:0120-380-601

https://ishi-han.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

目の不快感 ドライアイかも

充血・目やには危険信号

目の不快感 ドライアイかも

取材協力/かめざわ眼科

12月2日号

ひとり親世帯へ食料支援

港南区社協・フードバンク横浜

ひとり親世帯へ食料支援

12月22日 クリスマスおわたし会

12月2日号

注入だけの若返りシワ治療

症例6万4千件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

12月2日号

不動産問題に対応

不動産問題に対応

宅建協会が無料相談会

12月2日号

車売るなら地元店へ

車売るなら地元店へ

丁寧・親身なタックス港南

12月2日号

お寺で学ぶ仏教講座

大久保山自性院

お寺で学ぶ仏教講座

やさしい仏教・写経会・御詠歌等

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook