中区・西区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS【4】 生誕100年 企画目白押し 原鉄道模型博物館 27日から

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
在りし日の原信太郎氏(上)、平和の夢を乗せる模型(下、ともに同館提供)
在りし日の原信太郎氏(上)、平和の夢を乗せる模型(下、ともに同館提供)

 世界最大級の鉄道模型博物館が、67街区・横浜三井ビルにオープンして7年。創設者である鉄道模型の製作・収集家、原信太郎氏の生誕100年を記念し、原鉄道模型博物館で3月27日〜4月15日まで、記念企画「原100祭」が行われる。

秘蔵品も並ぶ

 日本の鉄道発祥地となる横浜の記憶の伝承、国際的な文化交流の場、横浜の発展への貢献などを目的として、2012年に開館した同館。本物を追及して細部にまでこだわった模型など、原信太郎氏(1919―2014)のコレクション約1500台を所蔵している。

 記念企画では、普段見られない秘蔵模型を公開するほか、海外の鉄道を学ぶために語学を習得するなど、命をかけた原氏の人生を知るアルバム展示がある。

 また今回、0ゲージ、一番ゲージの鉄道模型や、幼児から大学生までを対象に論文・手紙を募集して表彰する、「原信太郎大賞」を創設。期間中の4日に詳細が発表される。

 賞設定について同館は、第二次世界大戦へ向かう時代に、鉄道を通じて世界平和を願った原氏の意志に言及。「その理念は、今日や未来を担う若者の指針になると思う」と意義を話す。

 開館午前10時〜午後5時(最終入館4時半※4月4日のみ〜1時まで)。毎週火曜休館。入館料大人1千円、中高生700円、4歳〜小学生500円。問い合わせは【電話】045・640・6699。
 

中区・西区版のコラム最新6

横浜開港と感染症との闘い上下水道と「共助」の始まり

本牧 気まぐれ歴史散歩 番外編(2)

横浜開港と感染症との闘い上下水道と「共助」の始まり

横浜疫病史から

4月30日号

横浜開港と感染症との闘い

本牧 気まぐれ歴史散歩 番外編(1)

横浜開港と感染症との闘い

横浜疫病史から

4月23日号

【1】「リーグ開幕白紙を受けて」

地域クラブYSCCのいま 理事長コラム

【1】「リーグ開幕白紙を受けて」

【web限定記事】

4月23日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月19日号

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

本牧 気まぐれ歴史散歩 33

暗渠(あんきょ)となった千代崎川

3月5日号

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

本牧 気まぐれ歴史散歩 32

日本の牛肉文化発祥の地!?屠牛場

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月30日8:12更新

  • あっとほーむデスク

    5月29日18:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月28日14:57更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク