中区・西区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS 外国人客増に無料Wi-Fi 9月、案内サイン内蔵型も

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
クイーンズスクエア横浜前、けやき通り沿いに整備された案内サイン
クイーンズスクエア横浜前、けやき通り沿いに整備された案内サイン

 9月のラグビーW杯や来年の東京2020オリンピック・パラリンピックを控え、横浜市は訪日外国人の滞在環境向上を目的に無料のWi―Fi(公衆無線LAN)の整備を進めてきた。

 みなとみらい21(MM)地区では、2017年にはグランモール公園(35街区)、日本丸メモリアルパーク(23街区)、象の鼻パーク(3街区)、桜木町駅前広場、翌年には臨港パーク(19街区)と、来街者が多数訪れる公共空間を対象にサービスを開始。接続は1回30分、1日に5回まで利用できる。また日本語、英語、中国語、韓国語などをはじめ13言語にも対応。接続にはQRコードでアプリをダウンロード、またはメール登録などによりその場で利用できる。

広報が重要に

 さらに市は、「案内サイン」=写真=をMM地区内に9月中旬までに10基程度を整備し、半数にWi―Fiを内蔵させる。公園などのスポットだけでなく、訪日客が街中を移動する際にも観光情報を収集しやすくするのがねらいだ。サービス開始は9月中旬を見込む。

 設置場所はクイーンズスクエア横浜とマークイズみなとみらいの前をはじめとした主要な交差点周辺や桜木町駅前など。5基程度にWi―Fiが内蔵されるため、同サービスが利用可能な場所の目印にもなるとして、市都市整備局企画課では利用活性化を期待する。

 この案内サインは、MM地区だけでなく横浜駅周辺や関内関外、またラグビーW杯の試合会場である横浜国際総合競技場の新横浜駅周辺に計150基を市が整備するもの。その内、約60基にWi―Fiの内蔵を計画する。同企画課では、利用促進のために「広報手段をしっかり検討していきたい」と話している。
 

中区・西区版のコラム最新6

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景 IRと横浜

市、財政への強い危機感

9月19日号

食品廃棄物による電力活用

MM21街区NEWS㉙

食品廃棄物による電力活用

パシフィコ横浜、循環型エコシステム導入

9月19日号

世界の港町と繋がる象の鼻テラス

MM21街区NEWS

世界の港町と繋がる象の鼻テラス

台湾アーティストが横浜の音を表現

9月12日号

額縁越しに新旧の横浜臨む

MM21街区NEWS【27】

額縁越しに新旧の横浜臨む 社会

宿泊施設 ナビオス横浜が20周年

9月5日号

370万市民を守る備え

MM21街区NEWS【22】

370万市民を守る備え

緊急物資拠点の耐震バース

8月29日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

8月29日号

8/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク