中区・西区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS 世界の港町と繋がる象の鼻テラス 台湾アーティストが横浜の音を表現

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
作品を制作するリウさん
作品を制作するリウさん

 堤防の形状が「象の鼻」に似ていたことから名づけられた象の鼻パーク。幕末にアメリカのペリー提督が初めて横浜に上陸した場所だ。同パーク内にある象の鼻テラスは、横浜市の開港150周年事業として2009年6月2日に開館。市文化観光局の委託で(株)ワコールアートセンターが運営し、今年で10周年を迎えた。

 11年から世界の港湾都市を文化で繋ぐ「ポート・ジャーニー・プロジェクト」がスタート。アーティストはもとより、行政や文化施設、関係者との持続的な相互交流を推進する事業として、メルボルンやサンディエゴなど11都市の港町と文化交流を行ってきた。

14日から企画展

 今回は、台湾南部の中心都市高雄にある駁二(ばくに)芸術特区と交流。高雄へ今年6月に横浜のアーティストを派遣。同テラスには、8月末から台湾出身アーティストのリウ・チーホンさん(34)が滞在している。

 リウさんは、横浜に滞在するなかで横浜の日常を音で捉え、その音を抽象化して視覚的な作品を制作する。今回は、イセザキモールや金沢区の野島などを訪れ、商店街のにぎわいやタカやリスの鳴き声を聞いたという。

 それらの体験を表現する「Monochrome」展が、9月14日から10月3日まで同テラス内で開催される。高さ約5m、幅約12mの壁面などに作品を描くほか、横浜で聴き取った音をBGMで流す。9月19日の午後6時からはレセプションも。リウさんは「普段の生活では、聴こえていても気づかない音があふれています。作品を通して当たり前に過ごしている日常への再発見があるでしょう」と呼びかける。
 

中区・西区版のコラム最新6

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く

都心臨海部の起爆剤に

IRと横浜

10月17日号

イオンモールが運営主体に

MM21街区NEWS㉞

イオンモールが運営主体に

市、YWPの所有株を売却

10月17日号

公式キャラは「えむえむさん」

MM21街区NEWS㉜

公式キャラは「えむえむさん」

MM線開通15周年記念で

10月10日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月10日号

開館30周年、文化の発信地に

MM21街区NEWS㉛

開館30周年、文化の発信地に

横浜美術館が記念展

10月3日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月3日号

臨港パークにファンゾーン

MM21街区NEWS㉚

臨港パークにファンゾーン

ラグビーW杯の観戦、体験コーナーも

9月26日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク